広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

9月の活動報告

≪自死問題フォーラム≫

9月17日、広島弁護士会館にて開催した。120席がほぼ埋まる盛況だった。

一部の基調講演「白浜レスキューネットワーク代表」藤藪先生のお話しは、
自殺未遂者救済・生活自立支援で力を発揮している方でありながら、
話の中心は、自分が失敗したこと、思い通りにいかないこと、救えなかった命の話もあり、
「1人の人間」藤藪氏の理想と使命感とともに、挫折の経験や、現在の葛藤など
心のこもった、裃を着ない話であり、感動tと涙を呼ぶものであった。

二部の「当事者発表」は、自死遺族2人、精神障害者1人、精神障害者の親2人、
生活困窮者支援者1人がそれぞれ20分ずつ、自らの苦悩と切々とした思いを語った。
胸にためた多くの想いを語るのに、全く時間がたりないほどであったが、
当事者自らが語ったことは、来場した方に大きな衝撃と同時に共感につながるものであった。

三部で分かち合いを行ったが、1時間では足らず、話をもっとしたい方がいたのでは、と
悔やまれた。

フォーラムについての詳細はブログにもあります
http://chiisanaippo.com/blog.html


≪精神科医による「こころの健康相談」≫

9月25日に「メンタルホスピタルかまくら山」の名誉院長 渡邊直樹先生による
「こころの健康相談」を行い、8人の方が相談に来られた。
回を追うごとに依頼者が増え、また、相談終了直後に次回を予約して帰る方も増えたため、
リピーターが8割を超えるようになった。

先生も同じ人の相談を複数回重ねるごとに、指導や助言も具体的な形になって、私たちにも、具体的にできることについて指導をしてくださった。

今回は渡邉先生と一緒にNPO法人安芸ソーシャルサポートの会の日比代表が来られ、先生の相談の前後に、積極的に相談者に語りかけ、親身に助言をして下さった。
長い時間お話しをして、「とても参考になった」と喜ばれる方も多かった。

≪こころのともしび 活動実績≫

開所日:18日 来訪者:87人 個室傾聴回数(占い相談含む):34回 体の癒し:27回 昼食提供数:138食

※新しい方の訪れが多い月だった。傾聴から入り、お話しをしたうえで、食事や体のいやし
 も経験して、明るい顔になっていく方を見ると、スタッフも安堵し、また気軽に立ち寄って
 ほしいと願うようになる。
 大きく構えるのでなく、ちょっと人とふれあいたいな、くらいの気持ちで来る日もあってほしいと思った。


 

コメント