広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

brw.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

10月の活動報告

≪うつ症状のある方、またはその家族の会≫

 開催日:10月9日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:17人
 当日の様子:

 スタッフも交え、17人の分かち合いになった。
 先月のフォーラムに来られた方や、中国新聞記事を読まれた方からの申し込みも多く、
 今まで最多の参加人数となったので、2グループに分かれて分かち合いをした。
 家族やご夫婦での参加者も数組あった。
 参加者の半分は男性で、仕事や職場のことについての悩みが多かった。
 
 軽食会:くるみとレーズンのパウンドケーキ、果物、お菓子

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:10月15日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:8人
 当日の様子:
 初参加の方が1人。
 遺族は悲しみが癒えず、それでも、いろいろな公的手続きや連絡事項を処理しなくてはいけないと、
 目の前の「やらなくてはいけない」ことに追われて、しっかり自分の気持ちに向きあえないことや
 家族の自死について、どのように回りの人に伝えていったらいいか、ということで話し合った。
 

 軽食会:くるみとレーズンのパウンドケーキ、果物、お菓子

≪こころのともしび 活動実績≫

開所日:22日 来訪者:99人 個室傾聴回数(占い相談含む):22回 体の癒し:38回 昼食提供数:124食

※気功療法や占い傾聴などは毎回楽しみに来られる人が多く食事時間を挟んで来訪者も多いのでにぎやかな日。
 逆に、他人の目を気にせず、ゆっくりお話しをしたい方には「火曜日が比較的静かにゆっくり過ごせる日、
 とお勧めするようにしている。

 

コメント