広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

brw.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

5月の活動報告

≪こころを休憩する会≫

 開催日:5月14日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:10人
 当日の様子:
  心を休憩する会に10人が参加。自分を責める気持ちの処理の方法として、過去にこだわるより未来のことを考える方法などで話がもりあがった。笑いも生まれ、茶話会ではなごやかに過ごした。

 軽食会:フルーツヨーグルトポンチ、果物、茶菓子

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:5月20日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:3人
 当日の様子:
 何回か参加している方だけのこじんまりとした会だった。参加の回数を重ねるたびに元気になっていくことが、ご本人にも自覚できるようになった方がおられ、そのような言葉を聞くと、主催する方も元気をもらった気持ちになることができた。

 軽食会:フルーツの入ったミルクゼリー、パン、茶菓子

≪つゆ草の会≫

 開催日:5月21日(日)
 場 所 :福山 水呑カフェヌーボー
 参加人数:6人
 当日の様子:
 初開催。6人で分かち合いを行った。初顔合わせのメンバーも多かったので、自己紹介の際に、亡くなった方との関係やその方への想い、今の心境、この会で語りたいこと、話してほしくないことなど、1人1人がゆっくり語った後でフリートークを始めた。
 お互いの事情や胸の内がわかった上で語り合う方が、気兼ねなく話が進むことがわかった。

≪こころのともしび 活動実績≫

 開所日:24日 来訪者:134人 個室傾聴、占い回数:30回 気功,ヒーリング,温熱刺激療法34回  食事提供数 165食,精神科医の相談会 5人

 気功,ヒーリング,温熱療法,占いなどがある日は、常連の方々で1日中にぎわう。食事提供数も多かった。
 一方で、それらの企画がない日は、来訪された方とゆっくり傾聴に時間をとり、時間が静かに流れる雰囲気があり、両方とも大事な過ごし方だと思った。
 渡邊先生の相談会でも、複数回相談に来られた方同士で、近況や体調を語り合う時間があった。

 

コメント