広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

6月の活動報告

≪こころを休憩する会≫

 開催日:6月11日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:8人
 当日の様子:
  ゲストが6人。スタッフ2人を加え、8人で分かち合いを行った。今回から、分かち合いで他の人と語り合いたいことや相談したことなど、「テーマ」を出してもらい、それについて参加者が自分の体験を語ったり、自分ならどうするか、などを話し合うように展開を変えてみた。いつもの会より、活発な話が出て、にぎやかだったが、時間が足りず、語り合えないテーマが残ったことが悔やまれた。

 軽食会:フルーツケーキ、果物、茶菓子

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:6月19日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:6人
 当日の様子:
 ほぼ3年ぶりに参加した方が1人、初参加の方が1人。初参加の方は、先に参加したご家族からの勧めで参加された。同じ家族でも、立場や想い方が異なることを実感した。
 久しぶりの方は、「時々、自死遺族の会でないと語れない、内面の想いを思い切り吐露したいときがある」と言われた。そのようなときにこの場を選んでくださったことを感謝した。

 軽食会:フルーツケーキ、フルーツ、茶菓子

≪こころのともしび 活動実績≫

 開所日:25日 来訪者:122人 個室傾聴、占い回数:38回 気功,ヒーリング,温熱刺激療法38回  食事提供数 202食

 火曜日、水曜日など、昼食を提供しない日は、最近まで来訪者が少なかったが、落ち着いてゆっくりお話しをするのにはかえってよい、とお誘いしたところ、先月から来訪者が増えた。
 特に来訪者が多い気功やヒーリング、占い傾聴の日とは違った落ち着きがある、と喜ばれる声も聞かれた。

 

コメント