広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

第9回「うつ症状がある方または家族の会」開催報告


【実施日】2014年7月19日
【会場】日本キリスト教団広島教会 1階集会室

 
1、参加者・・・総数 11人(参加者9人、スタッフ2人)
         
2、当日の進行
  15時~15時10分    : 主催者あいさつ、会の意図、一言自己紹介
  15時10分~17時00分 : 分かち合い
  17時~18時        : 食事会
 
3、当日運営の感想
 ・初参加の方が4人来られた。
 ・11人で1つの円になり、それぞれの想いを語り合った。
 
 ・「自分をねぎらうこと、ほめること」「たまには自分のためにご褒美をあげること」などを
  話し合った。

 
4.食事会
  ●メニュー
     からし明太のちらしずし
     むし鶏のハーブオイル漬け
     ガスパチョ(トマトと香味野菜の冷製スープ)


  ・食事を食べながら、自由に話しあった。
   少人数になったが、分かち合いでは時間不足で聞けなかった想いも語り合うことができた。
 
5.今後の予定
 ・8月16日(土)は「自死遺族の希望の会」。会場、時間は同じ。
 
2014年07月25日 17:52 |コメント|

第9回 自死遺族の希望の会開催報告

【実施日】2014年6月21日

【会場】広島教会 1階集会室
 
1、参加者・・・総数 8人
         (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人
              自死遺族       6人
 
2、当日の進行
  15時~17時30分 : 全員で自死や故人のことについて語り合う
  17時30分~19時 : 茶話会  参加者 6人

     
3、当日運営の感想

・初参加の方が4人来られた。

・当日は主催者の3回目の命日だった。3年間の想いをつづったビデオ動画を
 一緒に観てもらった。

・初参加の方の中には、亡くなってから日が浅く、実感がわかなく、感情が動かないことを自責している方もいた。

・年月の流れの中でいろいろな感情の動きがあることを語り合った。
 
4.次回の開催予定
 
  「うつ症状がある方またはその家族の会」 分かち合いと食事会
 
   【実施日】2014年7月19日 15時~

   【会場】広島教会 1階集会室
2014年07月09日 19:33 |コメント|

第8回「うつ症状がある方またはその家族の会」

【実施日】2014年5月17日

【会場】広島教会 1階集会室
 
1、参加者・・・総数 15人

   (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人

       うつ当事者または家族 13人(うち、家族と当事者同伴 2組)
 
2、当日の進行

  15時~16時 : 全員で囲み、自己紹介、今日話したいこと,聞きたいことを話す。
  16時~17時 : 2グループに分かれ、お互いの気持ちを分かち合う。
  17時30分~19時 : 食事会  参加者 8人

     
3、当日運営の感想

・初参加の方が9人(7組)来られた。

・自己紹介の中から、類似する人同士で2グループを形成。(家族の関わりがある方と、自分自身の話の方)

 
・家族の関わりがあるグループのファシリテーターを米山、自分自身のグループは別のスタッフが担当
 
・うつ症状が重い方が家族同伴で来られたが、同じように家族で来られた当事者に励ましの言葉をかけ、また、手を握る,ハグをするなど、共感している間に、顔つきが明るく元気になられたように見えた。

 
・また来ます、とにこやかに帰られたので、つかの間でも心の休息ができたのならよかった、と思われる。

・今回の食事会は「3種のカレーを食べる会」とし、マイルドチキンカレー、キーマカレー、エスニック風エビカレーを出した

・カレーはおおむね好評で、多めに作ったカレーがほぼ完食された。
2014年05月20日 16:50 |コメント|

第8回 自死遺族の希望の会 報告

【実施日】2014年4月19日

【会場】広島教会 1階集会室
 
1、参加者・・・総数 12人
         (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人
              自死遺族       10人
 
2、当日の進行
  15時~17時30分 : 全員で自死や故人のことについて語り合う
  17時30分~19時 : 茶話会  参加者 8人(子ども2人)

     
3、当日運営の感想

・初参加の方が3人来られた。

・自死について、遺族の家族の中で語りあうことができないむずかしさについて語り合った。

 
・毎回、子どもさんを連れてこられる遺族が数人おられ、
 今までは子ども室でスタッフが一緒に遊んでいたが、今回は竜王公園にピクニックに行った。
子どもさんが、その楽しかった様子を絵に描いてくれた。遺族の方に喜ばれた。

・茶話会ではお子さんも一緒に手作りのビーンズスープと手焼きスコーン、
 フルーツを食べた。


・茶話会で分かち合いでは語りきれなかった、自らの心の苦しみを話し込んでいる人もあった。
 
4.次回の開催予定
 
  「うつ症状がある方またはその家族の会」 分かち合いと軽食会
 
   【実施日】2014年5月17日 15時~

   【会場】広島教会 1階集会室

2014年05月01日 15:28 |コメント|

第7回「うつ症状がある方と家族の会」

【実施日】2014年3月15日(土)
 
【会場】日本キリスト教団 広島教会1階集会室
 
1、参加者・・・総数 9人(スタッフ1人)
         
2、当日の進行
  15時00分~17時00分 : 分かち合い
  17時00分~18時00分 : 軽食会と放談会
 
3、当日運営の感想
 ・自分自身が「うつ」に苦しみながら、家族の発達障害への向き合い方に悩む方が初めて参加し、
 その方を中心に「自分自身の思いや経験」の話の輪が広がった。
 ・分かち合いの後、軽食をお出しした。
  (メニューは「ビシソワーズ(裏ごしじゃがいものクリームスープ)」と、家で焼いたパン3種)
  軽食と同時に、「携帯電話を持っていないと仲間の輪に入れず、生きづらい」と感じる方を中心に、
  携帯電話の功罪について雑談をした。
 ・会の終了後には、連絡先を交換し、お友達登録をしあっている方もあり、この会を1つのきっかけにして、同じ苦しみを分かり合える友達関係が広がるといいと考えた。
 
 
2014年03月25日 14:37 |コメント|

第7回 「自死遺族の希望の会」開催報告

【実施日】2014年2月15日
【会場】広島教会 1階集会室
 
1、参加者・・・総数 13人
         (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人
             自死遺族       11人
 
2、当日の進行
  15時~17時30分 : 全員で自死や故人のことについて語り合う
  17時30分~19時 : 茶話会  参加者 11人(子ども2人)
    手作りのぜんざいとケーキを切り、食べながら自死以外の話も含め、語り合う
  

 
 3、当日運営の感想

・初参加の方が2人来られた。
・昨年8月以来、2度目の参加となる方が来られた。
 「前回の話し合いで心が落ち着いたと思ったが、また語りたくなってきた」と言われた。
 
 
・亡くした方との関係によって自分自身の人生に対する考え方が大きく異なることなど、活発に発言があり、また発言に対してうなづく人も多かった。
・自分で話をするのは苦手、とはじめに言われ、聞く側に回っていた方も、他の人の思いを聞けてよかった、と言われた。

・茶話会ではお子さんも一緒に「ぜんざい」と「手作りチョコレートケーキ」を切り分けて食べた。残った菓子類はおみやげにしたところ、喜ばれた。

・花見の提案があり、ペットや子どもも一緒にレクリエーションをしようという話になった。
 近場で企画したい。
2014年02月18日 19:46 |コメント|

第6回 うつ症状のある方と家族の会 開催報告

【実施日】2014年1月18日(土)
 
【会場】日本キリスト教団 広島教会1階集会室
 
1、参加者・・・総数 12人(スタッフ1人)

         
2、当日の進行
  13時30分~14時30分 : ランチ会
  15時00分~17時00分 : 分かち合い
  18時00分~20時00分 : 新年会
 
3、当日運営の感想
 ・ランチ会には6人の参加があり、燻製料理・肉料理・豆の煮込み、フルーツケーキなどを提供した。
 ・分かち合いには9人の参加があった。
 ・「すべきだ、してはいけない、考えても仕方ないと頭では分かっていても『心』がそうして
  しまう、それができない」ことの辛さ、「他人に喜ばれ、褒められることばかり考えて、
 本当に自分が『したいこと』に向き合えて来なかった」ことの辛さを訴える方の話に沿って、
 「わかるわかる、その気持ち!」という声があがったり、また、当事者同士での助言が
 積極的に交わされるなど、あっという間の2時間になった。

 ・参加者から、「このように思いを語れる場を開設し、定期的に開催してくれることに感謝する」
 という言葉かけをいただいたことは大変な励みになった。

・分かち合いの後、「自死遺族の希望の会」との合同新年会を行った。
 10人の参加があり、個室座敷で鍋料理を食べながら、大いに語り合った。
 分かち合いとは異なる雰囲気があり、とてもよい親睦の場になった。

・今年は、屋外の緑地などに出かけて「青空の下の分かち合い」をしたらどうか、
 という話で盛り上がった。ぜひ検討したいと思う。
2014年01月20日 13:21 |コメント|

第6回「自死遺族の希望の会」開催報告

【実施日】2013年12月21日
【会場】ゆいぽーと広島 3階和室
 
1、参加者・・・総数 13人
         (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人
             自死遺族       11人
 
2、当日の進行
  15時~17時30分 : 全員で自死や故人のことについて語り合う
  17時30分~18時 : 茶話会  参加者 15人(子ども2人)
    手作りのケーキを切り、食べながら自死以外の話も含め、語り合う
  18時~19時 : ひろしまドリミネーション 散策

 
 3、当日運営の感想

・初参加の方が2人来られた。

・13人の大人数で、話のまとまりがとれるかが心配だったが、若い遺族からの話をきっかけに、色々な体験や感想、意見が出され、全員が1つの気持ちにまとまったような雰囲気の中で、2時間が短かった。

・2月に広島で開催される 東京自殺防止センター「第11回ワークショップ あなたにもできる自殺防止活動の実際」の案内チラシを渡し、自死防止に関心のある方への参加を呼び掛けた。

・茶話会ではお子さんも一緒に自家製「クリームチーズタルト」を切り分けて食べた。場が一気に和んだようだった。分かち合いで張りつめた空気の後に、全員で甘いものを食べる時間は、クールダウンにちょうどよいと感じた。

・お子さんが3人いたので、サンタのブーツをプレゼントした。

・18時すぎから、平和大通りの広島ドリミネーションを8人(うち子ども2人)で散策した。初参加の方も、リラックスしていた。

・新年会の話が出たので、日程調整をした上で、メーリングリスト登録者に呼びかけようと思う。


2013年12月26日 14:51 |コメント|

第5回「手回しオルゴール演奏会とうつ症状がある方、家族の会」開催報告

【実施日】2013年11月16日(土)
 
【会場】広島市男女共同参画推進センター ゆいぽーと
 
1、参加者・・・総数 13人
         
2、当日の進行
  13時30分~14時30分 : 手回しオルゴール演奏を聴く会
  15時00分~17時00分 : 分かち合い
 
3、当日運営の感想
 ・手回しオルゴール奏者 右田悦雄氏を迎え、手回しオルゴールの演奏を聴いた。
 ・音色を聴きながら涙を流す人もいて、くつろいだ懐かしい音楽の中で演奏会が終了した。
・茶菓を出し、8人で分かち合いをした。1人の方の心の相談に対して参加者が交互に語り合った。時には笑いも交え、リラックスした雰囲気の中で語り合えたと思う。
・会の始まりの頃は、深刻な表情だった参加者が少し笑顔になって帰っていったのでほっとした。
・来年以降は、心の問題を考えるミニ講演会などを取り入れていきたいと思う。
2013年11月20日 15:13 |コメント|

第5回「自死遺族の希望の会」

【実施日】2013年10月19日
【会場】日本キリスト教団広島教会 1階集会室
 
1、参加者・・・総数 10人
         (内訳)「小さな一歩 ネットワークひろしま」スタッフ  2人
             自死遺族       8人
 
2、当日の進行
  14時~16時 : 全員で自死や故人のことについて語り合う
  16時~18時 : 茶話会  参加者 9人
    手作りのデザートを共同で運び、食べながら自死以外の話も含め、語り合う
 
 3、当日運営の感想
 ・初参加の方が1人来られた。
 ・全員で1つの輪になり、自由に2時間話をした。多岐にわたり、話題が途切れることなく続いた。
 ・読書会の提案をしたが、全員で想いを共有できる本を選ぶことがむずかしい、との意見があり、分かち合いの場で読書会をするのではなく、場に持ち寄った本のうちで興味があれば貸し借りをしたり、各自購入して読み、機会があれば感想を持ち寄ることにした。
 ・「分かち合い」は2か月に1回、普段の生活では語る場がない想いを語ることを最優先し、企画的なことを前面をしない方がよい、と再認識した。
 ・茶話会では「ビシソワーズ」(じゃがいものうらごしクリームスープ)と「手作りブリオッシュ風パン」を食べながら、分かち合いの続きで話をした。
2013年10月22日 11:59 |コメント|