広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

ブログ風 日々のつれづれ

娘が10年前に好きだったRADWIMPSの曲

今日、亡き娘の大学時代の友人が「ともしび」に遊びに来てくれました。

久しぶりに、大学時代の娘の話をたくさんして、私の知らなかった娘の一面も知って、
楽しい時間を共に過ごしました。

家では、だらだらとして甘えん坊だった娘が
仲間の間では、とてもいい聞き役で、お姉さん役だったこと。
ちょっと面倒くさい友達の話も、辛抱強く、「うまく転がしながら」聞いていたこと。

親友と、一晩中カラオケボックスにいて、歌ったり、歌がつきたら語りつくしたり、また歌ったりして過ごした思い出。

中でも好きだったのが、RADWIMPSで、カラオケに行くと、必ず「me me she」という曲をを歌っていたそうです。

私も名前を知っている、何人かの方々の近況も聞くことが出来て、とてもなつかしく、楽しい時間でした。

気が付いたら、生前の娘の話を、悲しい気持ちになることなく、
「大学時代は本当に充実した4年間だったのだな、楽しいことだけではなかったけど、そういう意味も含めて。」
と素直に受けとめることができるようになった自分がいました。

その後、お墓参りにも一緒に行ってくれました。

「何年たっても、歩美を忘れずに、広島に着いた足で来てくれて、本当にありがとう」。

 

娘が一番のお気に入りだった、「me me she」の歌詞
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B20794)。

「空が奇麗だね 人は悲しいね」
また見え透いたほんとで僕を洗ってよ
次がもしあれば 僕の好きな君 その君が好きな僕
そうやっていつしか僕は僕を大切に思えたよ
この恋に僕が名前をつけるならそれは「ありがとう」

当時は、もちろん、その後の運命など知ることはなかったとは思うけど。

 

コメント