広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

ブログ風 日々のつれづれ

10月29日は、次女の結婚式でした。
台風が心配されましたが、夕方の式の時間はちょうど雨上がりで、披露宴会場の全面ガラスに差し込む夕日がとてもきれいでした。

結婚式の後、「私が帰ってから開けてね」と娘から手渡された包みを開けたら、
娘の、27年間の家族の想い出がたくさんつまった写真と、娘からのメッセージがこもったフォトブックがありました。

結婚式の間の緊張感が解けたときに開けた、思いがけないプレゼントに、立ちつくし、ゆっくりと涙を流すことができました。

私も娘に手紙を返しました。
それまで話したことがなかった、色々な想い、辛かったことや寂しかったことも書いて送りました。
苦しかった時、辛かった時に娘の笑顔に救われたことを語りました。
本当に、ほんとうに、これから一生幸せでいてほしい、と心をこめました。

昨日、11月5日は、亡き長女が眠る広島教会の墓前で、「昇天者祈念礼拝」が行われました。
墓前で、天国にいる娘に、「幸せを見守っていてね」とお祈りをし、
次女の花嫁ブーケも一緒に捧げました。

結婚式の前から、ずっとこの日まで、頭の中でいままでの出来事やその時の想いを振り返り、
帰らない過去を取り戻したくなったり、あの日に帰りたい、そう思うこと続いていましたが、
ふと、時は止まらない、私たちは時の流れの中で新しい出来事を作り続けていく。
つらいことも、うれしいことも。
歴史が積み重なっていくことが生きていくこと。

そんなふうに感じました。

昨日は抜けるような青空でした。

 

コメント