広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000267898.png

クリスチャン自死遺族のコミュニティ「ナインの会」

ナインの会@名古屋 のご報告

7月23日(土)午前11時から午後3時まで愛知県日進市のJECA栄聖書教会(末松龍太郎牧師)を会場に、ナインの会第五回が開かれました。
2014年7月に愛知県の名古屋市金山の東海聖書神学塾で第一回が開かれてちょうど2年。以来、大阪、名古屋、そして東京と会を重ね、今回が5回目になります。自死遺族として生きた年月は、長い人で二十年、短い人で数ヶ月と幅がありますが、「家族の自死」というきびしい経験をしたもの同士の絆には不思議な温もりと強さがあります。そ
して、毎回新しい方が来られます。

2グループに分かれて約2時間の分かち合いをしたあと、そのままランチをして、午後2時からの礼拝では全国世話人の一人である大濱英樹牧師(那覇バプテスト教会教職)がヨブ記19章25~27節から「過酷な中でだれが味方か」と題して説教されました。
参加者の方のアンケートの感想の一部をご紹介します。

・心の深い想いを話すことができ、平安を得ました。

・今年も名古屋での会に参加できたことを感謝します。初回からずっとお会いできている方、新しくお会いできた方と主にある自死遺族のための会を共に過ごせたのは大きな慰めです。この輪が広がり必要な方々に届きますように。

・参加してよかった。微力とはいえ、何かお手伝いできればと思います。

・まだ月日が浅いので現実として受け入れられていないため、つらいときもあったが出席できてよかった。

・孤独になりがちな遺族にこの分かち合いは生きる勇気と力を与えてくれます。

・グループ分けがよかった。会場も融通がききスムースでした。喪の道に神の愛そして信仰がどうかかわってきたかなど、他では語れないことも分かち合えました。日の浅い参加者の方への祈りにも似た共感が心に残りました。

・来年を楽しみにしています。

 次回は、11月26日(土)11時に大阪市天王寺区のバプテスト大阪教会で、また2017年2月下旬には再び東京(会場未定)で行う予定です。
(ナインの会世話人—前島)
 

コメント