広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

brw.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

12月の活動報告

≪こころを休憩する会≫

 開催日:12月11日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:11人
 当日の様子:
  スタッフも含めこころを休憩する会に11人が集まった。
  子どもを心配する親のグループと本人のグループに分けて分かち合いをした。、
  初参加の方も多く、話しがつきず、規定の時間をすぎても、少人数に分かれて語り合いが続いた。
 
 軽食会:りんごのパイケーキ、茶菓子

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:12月17日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:3人
 当日の様子:
 こじんまりとした会になったが、久しぶりに来られた方で、大人数のときにはあまり率先して話をしない方から改めて深い想いを聞くことができたのが成果だった。
3人とも自死から数年経っており、年月を重ねてきた遺族同士ならではの話がたっぷりとできた。

 軽食会:りんごのパイケーキ、果物、お菓子

≪こころのともしび 活動実績≫

104 32 33 124


開所日:21日 来訪者:104人 個室傾聴回数(占い相談含む):32回 体の癒し:33回 昼食提供数:124食

クリスマスを前に、スタッフと来訪者が一緒にクリスマスリースを手作りした。また、23日にはクリスマスツリーをかたどったポテトサラダや来訪者の差し入れのクリスマスケーキを皆さんと食べるなど、この時期を実感する日々が続いた。
昼食を食べる方が増え、テーブルをつなぎあわせて大人数で囲む日が多くなった。

 

コメント