広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 月次活動報告

活動報告

7月の活動報告

≪こころを休憩する会≫

 開催日:7月9日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:12人
 当日の様子:
  ゲストが9人。スタッフ3人を加え、12人で分かち合いを行った。
  それぞれに話し合いの課題を出してもらい、ボードに書き出してそれを話し合う形にしたため、
  話す人が偏ることなく、参加者それぞれが意見や感想を言えたのが良かった。
  軽食会もにぎやかに盛り上がった。
  軽食会:チョコレートケーキヨーグルト添え、果物、茶菓子

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:7月15日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:5人
 当日の様子:
  初参加の方が2人来られた。自死で家族を亡くした後、長い年月を耐えて過ごした後、 
  今は安住の地に落ち着かれた方、まだ自死からまもない中でお話しに来られた方が参加されたが、
  少人数だったのでゆっくりお話を聞くことができたことはよかった。

  軽食会:チョコレートケーキヨーグルト添え、果物、茶菓子

≪渡邉医師のこころの健康相談会≫

 開催日:7月16日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:10人
 当日の様子:
  相談者が10人。先生は途中、訪問傾聴にも出かけられ、忙しく1日が過ぎた。
  初めての相談者も多く、先生の助言でずいぶん心が整理できた、と喜んで帰られた。

≪こころのともしび 活動実績≫

 開所日:27日 来訪者:124人 個室傾聴、占い回数:42回 気功,ヒーリング,温熱刺激療法34回  食事提供数 172食

 雨や台風の影響があったが、悪天の中でも訪れる人があり、開けている意味を感じる日があった。
 今月から始めた「食養茶話会」も好評で盛り上がり、「食と健康」の話題は誰にも共通して関心が深く、話題もつきないことが実感された。

 

コメント