広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

ブログ風 日々のつれづれ

「傾聴講座」で一番学びなおしたのは自分自身だった

0000517610.png

 先週土曜日(12月9日)、岩国市で新しく立ちあがった自助グループの会「ピア傾聴ほのぼの」のお招きを受けて、「こころの聴き方講座~想いを受け止め 想いに寄り添う~」で講師を努めさせていただきました。
1時間30分の長丁場で、しかも、題名のような「傾聴講座の講師」。
 何とも力に余るお役目なので、いつもは“出たとこ勝負”の私も、さすがにレジュメやスライドの準備を(数日前にあわててですが(笑))しっかりとしていかなくては、と、カウンセリングスクールや社会福祉士の勉強で使ったテキストをめくりなおし、「傾聴カウンセリング」の基本ルールやケースワークの基本原則(世に言う「バイスティックの7原則」)をおさらいしました。

おさらいしてよかった、、、

 改めて原点に返ってみて、「いかに、ふだん自分がルールや原則を無視して傾聴しているか」を思い知らされました。
 同時に、専門機関の窓口で専門職が行う「傾聴カウンセリング」と、当事者に近い立場の“ピア傾聴”(ピアとは、「仲間」という意味です)の違いも改めて気づきました。

 講座では、その思いのまま、「基本ルールはこうですが、実際やってみると、ルールどおりにはいかない」という話をしました。

 だって、聴く側も不完全なものをいっぱい抱えている“人間”ですから、神様のようにはできません。
 また、ルールに忠実すぎる傾聴は“正しい”かもしれないが、聴く人の暖かみや思いやりが伝わらないように思うこともある、と思います。

「『お話しをしている人の話をしているうちに“この人に、こういう助言をしてあげたい”“話の切れ間にこういう言葉を言いたい”ということが頭に浮かんだら、その時点で傾聴は終わっている』
この1つだけ覚えて帰っていただきたい」
「傾聴を学びたい、と思う方はまず、ご自分自身が傾聴カウンセリングを受けて下さい。自分が人の前で自分自身の話をしたら、何を言うかを体験すると、“自分は心の中にこんなことを抱えていたのか”と、その発見にをまず驚きます。
その発見が、自分にとってのセルフカウンセリングになります。」
「その人の想いは、究極その人にしかわからない。傾聴で大事なことは、話す人が“自分にしかわからない想い”をいかに自分以外の人に“わかってもらえるように”語ることです。その言葉が後から自分に返ってくるのです」

こんなことを話しました。

話を整理するために、色々な言葉の整理をした、私自身が、今回の講座で最も勉強し直しをさせてもらった気がします。

2017年12月11日 20:25 |コメント|

「死にたい」気持ちの人に何ができるのだろう

座間の事件以降、SNSで「死にたい」と訴える人の心理や、その方々への寄り添いについて、色々なメディアが取り上げています。
色々な立場の専門家の意見も掲載されています。
私も自死遺族であり、自死防止に取り組む活動をする立場から何件かの取材を受けました。

その中で、自死遺族個人として辛いのは、
「死にたい気持ちを語る人が『リアル』にいないからSNSで吐露する」というトーンです。
(そのことについて、賛否両論ありますが、、、)

「家族も仕事や家事や、他のことで忙しいからゆっくり話を聞く余裕がない」、、、そんなことではないと思います。
どんなに忙しくても、大切な家族のこころの叫びを軽視する人はいないはずです。
でも一方で、「家族には心配をかけたくないから言えない」「家族に話しても解決にならない」と思っている人が多いことも知っています。
私の娘も、うつになった時、「心配かけたくないから母親だけにはこのことを知られたくないと思っていた」と言っていました。
そして、一言も「死にたい」と打ち明けることなく、無言で既遂してしまいました。

私に限らず、自死遺族の分かち合いでは、
「自死した家族の気持ちを分かってあげなかった、聞いてあげなかった」
「こころの病で悩む本人に、もっとやさしく接してあげればよかったのに」と自分を責め続け、辛い想いをしている遺族がほとんどです。
私自身がその思いを6年間すぎても抱えているからよくわかります。
「なぜ話してくれなかったのか」「何を考えて死を選んだのか」、、答えを返してくれない人への問いかけが続くのです。

同居する家族など、日常生活を共にする人ができることはないのだろうか、と、ずっと考えていました。

そんな中、小さな一歩の「こころを休憩する会」に参加している人からメールをもらいました。
こころの病の中でも、同じ症状の方が少ない障害に苦しんでいる人同士がたまたま、ある時の会で出会い、“自分だけでない”という思いで安堵して語り合っていた光景がとても印象的だった、という内容でした。

このメールから改めて、原点に回帰した想いに気づきました。

「同じ苦しみを持つ人同士が、同じ辛さを安心して吐き出せる“場”の意味」です。
それはリアルでもネットでもいい、“同じ経験、同じ苦しさ”を分かち合って、ひとりぼっちではないと思えることではないか。
考えてみたら「自死遺族の希望の会」も「こころを休憩する会」も、その思いで続けているじゃないか。

家族や友人、職場の同僚など、日常生活を共にしている人ができることは何だろう、
黙っていても現れる本人の“後ろ姿”に現れる毎日の生活や健康の変化に気づき、対応することだろうか。
でも、悲しいけれど、同じ苦しみを経験することはできない。。。これが限界だろうか。
ならばせめて、当事者同士が安心して語り合える場を本人と共に探し、背中を押して送り出してあげて、見守ってあげることだろうか。

私自身は、このようなことが何もできないまま娘を亡くしてしまいました。
だから、答えはずっと出ないままです。娘と話せるなら、ぜひその答えを教えてほしい。

残酷な座間の事件が二度と起こらないことはもちろんですが、
これをきっかけに「死にたい」と思う人が、安心してその気持ちを吐き出し、「自分だけではない」と思える安全な場所が増えていくことを願わずにはおれません。

 

2017年11月26日 14:23 |コメント|

過去をふりかえるそのときも、時間は前に進んでいく

10月29日は、次女の結婚式でした。
台風が心配されましたが、夕方の式の時間はちょうど雨上がりで、披露宴会場の全面ガラスに差し込む夕日がとてもきれいでした。

結婚式の後、「私が帰ってから開けてね」と娘から手渡された包みを開けたら、
娘の、27年間の家族の想い出がたくさんつまった写真と、娘からのメッセージがこもったフォトブックがありました。

結婚式の間の緊張感が解けたときに開けた、思いがけないプレゼントに、立ちつくし、ゆっくりと涙を流すことができました。

私も娘に手紙を返しました。
それまで話したことがなかった、色々な想い、辛かったことや寂しかったことも書いて送りました。
苦しかった時、辛かった時に娘の笑顔に救われたことを語りました。
本当に、ほんとうに、これから一生幸せでいてほしい、と心をこめました。

昨日、11月5日は、亡き長女が眠る広島教会の墓前で、「昇天者祈念礼拝」が行われました。
墓前で、天国にいる娘に、「幸せを見守っていてね」とお祈りをし、
次女の花嫁ブーケも一緒に捧げました。

結婚式の前から、ずっとこの日まで、頭の中でいままでの出来事やその時の想いを振り返り、
帰らない過去を取り戻したくなったり、あの日に帰りたい、そう思うこと続いていましたが、
ふと、時は止まらない、私たちは時の流れの中で新しい出来事を作り続けていく。
つらいことも、うれしいことも。
歴史が積み重なっていくことが生きていくこと。

そんなふうに感じました。

昨日は抜けるような青空でした。

2017年11月06日 18:19 |コメント|

「死にたい」の対極は「生きる、死ぬを意識せずに過ごせること」

10月18日、広島で行われた「『死にたい気持ちに本気で向き合う』シンポジウム」(主催ひろしまSotto事務局)に参加しました。

(シンポジウムの詳細内容は http://www.kyoto-jsc.jp/hiroshima-sympo.html にあります)

2時間余りのパネルディスカッションの中で、多くの、身に染みる言葉がありました。

断片的ですが。。
「希望とは絶望を分かち合うことである。同じ経験をした人同士で語り合うことが大切」

「安心して『死にたい』と吐き出せる場所や相手が大切。『死にたい気持ちをあなた(ここ)だから言える』という場所づくりが求められている。」

「すべきことがなく」全て助けられている状態の「生かされている自分」は死にたい気持ちにつながる。人は何かの役割や仕事が与えられる事も必要」

など、深く考えさせられるものでした。

また
「『死にたい』の対極は『生きたい』でない。『生きる、死ぬを考えずに過ごせる』こと。」という言葉には私自身がはっとさせられました。

私は、6年前の娘の自死や今年2月の母の突然死、2度の突然の死に遭遇し、
昨日まで元気だった人が突然いなくなってしまう「死」について、いつも考えています。

死は避けることができない、運命づけられたゴール。
生きるとは、そのゴールまでの道のりにすぎない。
私たちは「死」を恐れる。でもそれは、生きている間の「死ぬまでの苦しさや痛さ」を恐れているのであって、
死とは、何の苦しみも感じることができなくなること。

よく、死生観と言いますが、
いま生きている自分は、死に向かって歩いている道のりの途上にあるにすぎない、など。

自死遺族になる前の自分は、確かに「生とは、死とは」など意識せずに生きていた。
「まずは死ありき」と考えるいまの自分は、やはりフツウじゃないな、と苦笑しながら自分自身を振り返った言葉は重いものでした。

2017年10月22日 16:32 |コメント|

わがままな自分をなだめようとすると「気が重い」

気が重い。。。

「やらなくてはいけない」苦手なことに取り組むとき。

「今後のことを考えると正しいこと」を、「するべきだ」とは納得しているけど、
今一つ自分の気持ちがしっくりきていないとき。

「気が重くなる」自分をよく考えると、ただ「メンドクサイ」だけのような気がして、
「メンドクサイ」に負けてはいけない、「やるべき」正しい方向に向こうと、頭で奮い立たせるものの、

やっぱり気が重い、、、

それはきっと、心の底で
「今後がどうなろうと、間違っていようと、やりたくない!」と駄々をこねる自分がいるからだと思う。

傾聴の中で「やりたくないことを無理にしようとせず、自分の内面に正直になった方がいい」と
言っている自分が時々、このような自己矛盾に直面しているとき、ただただ「気が重い」。

正しい人には、こうした、グダグダした気持ちを語ることができないものです。

小さな一歩に傾聴に来る方が、医師や専門家の指導を受けていても気持ちがすっきりしない、と語るのは、
こういう気持ちなのかな、、と思ったりします。

2017年10月12日 19:12 |コメント|

自死遺族の心理を描く新聞小説「風は西から」

3か月くらい前から、家人が契約した中国新聞セレクトを読むようになりました。
連載小説の「風は西から」(村上由佳:作)に何気なく目を通し始めたのは2か月ほど前でしょうか。
恋人の男性が職場の長時間労働やパワハラによって追いつめられ、自死してしまう。
遺された彼女、彼の両親と共に会社と戦っていく(のであろう)のがこれからのストーリーです。

毎朝、この小説に、半分恐る恐る、半分急かされるように目を通します。
自死遺族の気持ちを軽々しく語るような文章があったら傷つく、、、
あまりに自分の身に迫る話だと一日気分が落ち込む、、、そんな不安もあり。

確かに、小説を読んで、フラッシュバックしてしまい、「仕事前に読まなかったらよかった」と思ったことは何度もありましたが、
自死に向かう程追い詰められていく彼の姿の描き方も
すぐ近くにいながら、ちょっとしたすれ違いで、目前で彼を救えなかった彼女の痛切な自責と後悔の想いも、
私の目には、克明に(ある意味容赦なく)、また、余計な虚飾がなく書かれているように思います。

私が一番心に残っているのは
彼のために、会社と戦う決意をした彼女(千秋)の
「失うものなんか何もなかった。いちばん大事なものは、すでに失ってしまったのだから。」という一節です。
また、その後、彼の両親と彼女が、彼の死の直前の行動について、色々な推測を重ねながら
「意味がないとわかっていても、時間の巻き戻しを繰り返す」(表現は違っているかもしれない)
この言葉も、自分自身に重ね合わせることが多いのです。

先日、中国新聞の取材を受けたときに、
「村山先生は、とてもていねいに取材をされたのではないですか?」と聞いたところ、
その通りであると、また、自死遺族からこのような感想があることを先生にも伝えます、と言われました。
 
数日前から、彼を死においやった会社の幹部との戦いが始まっています。
ここは、フィクションとして(現実にはそんなわけにいかないかもしれないが)ぜひ勝利の結末にしてほしい。

自死に至る前も、自死遺族になった後も、残酷な現実に心を打ち砕かれ続けている遺族のためにも。

2017年09月28日 20:48 |コメント|

9月20日 中国新聞で紹介いただきました

0000499074.png
今日の中国新聞(2017年9月20日)の紙面で、小さな一歩の活動が紹介されました。
いつも取材に来てくださり、5年間の歩み、新しい事業も含めた私の今の気持ちを
限りあるスペースでしっかりとまとめて記事にしてくださる滝尾記者に感謝(^_^)です。

2017年09月20日 19:39 |コメント|

一緒に昔を思い出せていたらどんな話をしていただろう

先週の水曜日、思い切って夏休みを1日もらい、
ひろしま美術館で8月27日まで開催していた「絵本のひきだし 林明子原画展」を見に行きました。

展覧会内容は ⇒ 「ひろしま美術館ホームページ」

「はじめてのおつかい」「あさえと ちいさいいもうと」「こんとあき」、、、
代表作はどれも、2人の娘が幼いころ、私も娘たちも大好きで、くりかえしくりかえし
読み聞かせ、娘たちも自分で読んでいた絵本です。

特に、
5歳のみいちゃんが、赤ちゃんのお世話でてんてこまいのおかあさんに頼まれて、牛乳をはじめて1人で階に行く「はじめてのおつかい」は、みいちゃんのどきどき、こわごわおつかいをする姿や、心配しながら、でもみいちゃんを信じておつかいに出すおかあさんの心情がわがことのように思い出されるおはなしでした。
本の内容は⇒ 「はじめてのおつかい」

また、お母さんに留守番を頼まれて小さな妹のお守りを頼まれたあさえが、ちょっと目を離した間に、やんちゃな妹のあやちゃんが外で姿が見えなくなり、あさえが必死に探す「あさえとちいさいいもうと」も、
当時の娘たちの姿がそのままだぶって見える、そんなおはなしでした。

本の内容は⇒ 「あさえとちいさいいもうと」

原画展を巡りながら、絵本を母娘で読んだことや、小さいながらも留守番やお手伝いをよくしてくれた娘の姿が走馬灯のように浮かび上がり、涙がにじみました。
おはなしに出てくる幼い姉妹の年齢差も娘2人とほぼ同じ。
仕事や家事で忙しい私をよく手伝い、気遣ってくれた“ちいさなおねえちゃん”の歩美。
みいちゃんもあさえも、おかっぱの髪、小づくりな目鼻立ちが歩美によく似ています。

原画展では、大人の母娘の姿も多く、きっと、同じように何十年か前を懐かしみ、
当時のことを語り合いながら見て回っているのだろうと思いました。

過去は過去。帰ってこない。
昔の懐かしい日々は、娘が元気で過ごしていたとしても、その時に戻れるものではない。

でも、昔話を語り合いながら歩美と見て回ったら、いまなら31歳になっている歩美とどんな想い出語りができたかな。

2017年08月29日 19:28 |コメント|

人は人の罪を赦せるのだろうか

最近、私の身近で犯罪が起きました。
私は間接的にその被害者です。
容疑者は私に対して「生きる糧になっている」「あなたがいるから死なずに生きている」とまで言っていた人でした。

傷つきました。
人の心が怖くなりました。
色々な考えが頭を巡りました。
「あの言葉は、私を油断させるための手段だったのか」と疑いました。

執着ともいえる愛着を示しながら、ほぼ同時に犯罪を重ねていく行為が恐ろしくなりました。

苦しみました。
警察の調書に回答しているうちに、自分が不確かな言葉で他人を陥れようとしているのでは、
という疑念が生まれてきて自分の記憶が信じられなくなったりしました。

まだ捜査が続いているので、どのような司法的な判断になるかもわかりません。
これからも色々なことを警察に聞かれることがあると思うと、訳もなく疲れます。

ちょうど同時期に教会で「罪の赦し」についてふれる聖書(ヨハネの福音書8章)の説きあかしがありました。
「人を赦す」とはどういうことか、深く考えさせられています。

まだ結論は出そうにありません。

ただ、願わくば、本人が罪を罪として素直に認め、
法の秩序にのっとった罰を受け、こころから償いを終えた後で、
「あなたに罪を定めない」と言える自分になれたらいいなと思っています。

とても難しいと思いますが。

2017年08月15日 18:46 |コメント|