広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

ブログ風 日々のつれづれ

ナインの会@愛知 への個人的な想い

0000396191.png

先日(7月23日)、愛知県日進市で「ナインの会(クリスチャン自死遺族の会)」が行われました。
今回で5回目です。一応、全国世話人会の事務局を務めている私にとって、感慨深い1日でした。

ナインの会のページはこちら ⇒http://chiisanaippo.com/christian.html

一昨年の7月に名古屋市で始まった会。
正直、「これからも続くのかな~」と思いながら参加しましたが、
回を追うごとに参加者も増え、今年2月の@東京では、40人超という、驚くほどの人数の参加でした。

愛知では3回目。第1回から参加している方とは「1年ぶりですね。またお会いできてよかったです」と声を交わします。

広島で、主催者の立場で開いている、小さな一歩の「自死遺族の希望の会」とは違った想いがありました。
全国から集まるクリスチャンの兄弟姉妹と1年ぶりに再会する、「なつかしさ」のようなものでしょうか。
地元から2時間離れた場所、という解放感でしょうか。
自死遺族、という共通点に加え、死生観が同じ信仰の仲間、という気やすさでしょうか。

1年ぶりにふるさとに帰るのに近い安心感がありました。

話をしているうちに、娘の救急救命室の臨終の枕元で、牧師が看護師の制止を振り切って
一緒に歌った讃美歌「いつくしみ深い」を思い出しました。
讃美歌の後、牧師が娘の額に手を当て、「光の方に行きなさい!」と声をかけたことも思い出しました。

娘を看取った後、病院の外に出たら、それまでの雨がやみ、雲が切れて日差しがさしてきました。
「ああ、この光に導かれて、天にいま、向かっているんだ」と空を見上げたことを思い出しました。

ナインの会で語られる言葉。自責感や後悔、哀しさ、辛さ。それは他の会と変わらないけれど、
いつからか、「でも、亡くなった人はいま、天国で永久の命を与えられておだやかに過ごしている」
「私たちもいつかそこに行って、愛おしい人と再会できる」
という言葉が発せられることが、クリスチャン同士ならではだと思います。

私もいつか必ず娘の元に行く。そしてもう一度会うことができる。その時、何を話し合おうか。
そんな想いに包まれた1日でした。

 

2016年07月26日 19:19 |コメント|

白浜レスキューネットワーク 藤藪先生との思い出

0000394656.jpg

私が、和歌山県白浜町にある「白浜レスキューネットワーク」の藤藪先生を知ったのは、4年前の夏でした。

その時の私は、1月に広島教会の墓地に納骨をし、6月に娘の昇天記念日(一般的に言う1周忌)を終え、
自分が娘にしてあげられることが終わってしまったような空虚感の中にありました。
そんなときに、フェイスブックで活動を知ったのです。
ちょうどその直後に、NHK「プロフェッショナル」で活動が紹介されました

南紀白浜町にある断崖「千畳敷」にたどり着く、「死にたい」と思う人たちのために電話ボックスを設置し、そこに10円玉を置く。
電話をかけてきた人だけでなく、千畳敷周辺パトロールで救出された人や、町
の警察や救急病院に保護された人など、もう生きていけない、と思いつめてそこにたどり着いた人たちを
保護し、話を聴き、元の生活に戻れる可能性がある方にはそのために連絡や調整をする。
事情があって、元の生活に戻れない人のためにシェルターでの共同生活を提供し、
白浜町で生活を自立していけるように、職場を探したり、社会生活復帰のための訓練をしておられました。

「白浜レスキューネットワーク」では、自死予防活動の一環として、
地域の子どもの居場所づくり活動「コペルくん」も行っていて、
夏休みの活動の応援ボランティアを募集していました。

「ここに行けば何かが自分に得られるかもしれない」と、心の準備も何もなく、
身一つで参加したのが4年前の8月。
3日ほどの短い滞在でしたが、そこで見聞きしたものは、生きることに行き詰まった人を
保護し、支える活動の、日々の現実の「きびしさ」でした。

自分は自死遺族で、、、と応募したときにお伝えしていました。
私の甘い考えは、藤藪先生から何かやさしいねぎらいやなぐさめの言葉を、無意識に期待していました。

そんな考えは、早朝から深夜まで保護された人々への向き合う、先生の「闘う」姿によって吹き飛びました。

先生は、ある時には、保護された方と全身全霊で語り合っていました。
ある時には、共同生活のルール(社会生活の基本)が守れない方に、厳しい指導をしていました。
保護された人が自立した生活に戻るための場として弁当屋さんを運営していた先生は、
毎朝、弁当の献立を考え、買い出しをし、被保護者の人に役割を与え、指揮をしていました。

同時に、白浜教会の牧師であり、「コペル君」に集まる子どもたちの先生でもありました。

それだけ全身全霊を込めて、保護された方に向かい合っていても、裏切りや逃亡、
「恩を仇で返す」ようなことをされることもある。
それは、その後、協賛会員になった私のもとにとどく「白浜通信」で知ったことです。

毎年、夏になると、子供たちを連れて先生と行った、白浜の美しい海水浴場の風景がよみがえります。

浜辺で先生の横で、
自分はこれからどうやって生きていったらいいのだろう、とつぶやくように口にした私に
先生は何もお返事を返されなかった。
黙って立っておられた。その姿を忘れることはありませんでした。


この春、全国自死遺族支援弁護団の佃弁護士から、
「小さな一歩で、何かしませんか?弁護団として全面バックアップしますよ」と持ちかけられたとき、
まず頭に浮かんだのは、今まで私がお会いした方々に、「地域や周りの人に理解されにくい」苦しみを
生の声で訴えていただく場を提供したいという想いでした。
そして、基調講演の講師として真っ先に頭に浮かんだのは、藤藪先生でした。

4年前の短い出会いを先生は覚えていて下さっているだろうか?
小さな一歩の活動についてお話しして、理解して協力してくださるだろうか?
びくびくしながら、勇気をもってお願いしたところ、「ぜひ!行きたいです!」とお返事してくださった先生。

4年越しの私の想い。
9月17日に行う「自死問題フォーラム」は、私にとっての5年間を振り返る区切りであり、
「小さな一歩」の、今後の活動に対して、ある決意をはっきりさせるものでもあります。

多くの方のご来場、ご参加をお待ちしています。

フォーラムの詳細は
http://chiisanaippo.com/seminor.html

2016年07月18日 13:32 |コメント|

「つまらない話」をするための場所です。

0000390162.png
色々な方の話をお聞きしていると、最後に「私のこんなつまらない話を長時間聞いてくれてありがとう」
と感謝の言葉をいただき、
驚いてしまうことがあります。

「つまらない話」の反対は「つまる話」?
「話を詰める」とは話し合いの、何らかの結論を決める、ということですよね。
言い換えると、『何かの結論が出ないと意味がない話し合い』」。

そんな「つまる話」ばかりで疲れた人が、ここにお話しに来ているように思います。

「詰め将棋」「追い詰める」「詰めの議論」「行き詰まる」、、、、
“つまる”には、窮屈で余地が狭いイメージがあります。

これこそが、いまの世の中で多くの人を苦しめていることのように思えます。
特に、小さな一歩にお話しに来られる、働き盛りの年代の人は仕事、家事育児、高齢者の介護、生計、将来の不安、、、どっちを向いても“詰んでいる”ことが多く、逃げ道や隠れ場所がありません。

日々の生活では、いつも「話を詰める」意思決定に迫られる毎日。

だからこそ、このような「結論が出ない話を延々と気兼ねなくできる場所」が必要かな、と。

「つまらない話」、どんどんしに来てください。

という話を、先日中国新聞の記者の方にしました。

今日の朝刊に載っています。
2016年06月29日 08:40 |コメント|

5年ぶり?いいえ、何十年ぶりに「何もしない日」だった

0000388457.jpg

昨日(6月21日)は、何もしなかった。

仕事もしなかった。
小さな一歩の活動に関係することもしなかった。
資格の勉強もしなかった。

前向きなこと、明日につながるようなことはあえて封印した。

今年は「何もしない日」にしようと決めていたから。

過去4回の命日は、
「今日の悲しさに負けまい」「この日こそ始められることをしよう」とがんばっていたのかもしれない。

こんな1日が過ごしたい、とずっと思っていたのかもしれない。

家でぼうっと過ごしていたら、娘の友達や、お世話になった人から次々にお花が届いたので、
すぐに封を開けて、水をやり、飾ってやることができた。
「いい一日だったね。」と語りかけた。

 

2016年06月22日 08:52 |コメント|

同じ曜日の同じ日

5年前と今年は同じ日が同じ曜日。
そのためか、今年は特に、日曜日から始まった5年前の出来事が頭に浮かんできて、
いったん思い出すと消えていかないのです。

12日日曜日、私たち夫婦の結婚記念日のお祝いで娘と3人でレストランで食事をした。
13日月曜日、娘に誘われてライブに行った。
14日火曜日、薬を大量に飲んだ娘が救急病院に運ばれた
15日水曜日、午前10時すぎ、ビルから飛び降りた

この日の天候は今日と全く同じ、薄曇りで蒸し暑かった。
この日を境に、娘は目を開けることも口を開くこともなく、21日に昇天しました。

今日のこの日は、娘と会話を交わした最後の6月15日の水曜日。

たまたまでしょうか、日曜日から、5年前を思い起こすような行事や出来事が続きました。

人間の記憶は不思議なものだと、他人事のように思います。
同じ日と曜日は、心の奥底にしまってあった風景や言葉を動画のように目の前に映し出す。

「ひさかたの 光のどけき春の日に しずこころなく 花の散るらん」
百人一首の句をなぜか最近よく思い出します。
「こんなにのごかな春の日なのに、花びらはどうしてこんなにあわただしく散っていくのか、静める心はないのか、という歌です。

25歳、まだ、何度でも花を咲かせることができたはずなのに、
なぜ、あわただしく いのちを散らしてしまったのだろう。と。

2016年06月15日 09:29 |コメント|

優しいものにふれ、心の中の「優しい想い出」がよみがえる

昨日(6月4日)広島市西区古江のGallery Cafe「月」~yue~で、
開催中の「光の写真家今村久仁夫写真展『光のシンフォニー2016』」に併せ、
篠笛奏者「KOTO」によるソロコンサートがありました。
http://blog.goo.ne.jp/g-yue/e/86b8ac69030b8c38cdc3d99aa03f83c8

KOTOさんのプロフィールや活動については http://fuekoto.com/
今村久仁夫さんのプロフィールや活動については http://twitpic.com/photos/Kunio_IMAMURA

実は今村久仁夫さん、「こころのともしび」で調理ボランティアをしてくれている料理研究家の
今村ちえこさんhttps://www.facebook.com/syarichan/about
のご主人です。

ちえこさんに教えてもらって伺った「ギャラリー写真展&篠笛コンサート」ではとても心がいやされる時空間をいただきました。

KOTOさんは、広島県北部 北広島町の地元神楽団で、物心ついた時から神楽笛の演奏をされている、天才的奏楽者。
約1時間半のコンサートは、幻想的な「光の写真」をバックに現代音楽、外国曲、オリジナルナンバーなど、
幅広いジャンルの曲が披露され、これも幻想的な音色に、ひとときの非日常に浸る時空間でした。

色々な曲の中で特に私の心をひたひたと温かく満たしたのは、日本の童謡でした。

目を閉じて曲の世界に浸っていると、まぶたの裏に、自分の幼い頃の風景が浮かんできました。

車もなく、コンビニもショッピングセンターもなかった昭和の時代に、母が作った弁当を持ち、
ローカル線を乗り継いで、週末に出かけて行った山や海。
冬の寒空、手をつないで、またたく星々を数え、星座を探しながら歩いた家までの道。
夏休みに母の故郷で祖父に連れていってもらった、岡山県高梁市の山の稜線や川の流れ。

「優しいものにふれると、子どもの頃の優しかった時間や人々の思いで満たされる。その想いが人をいやす」
以前、カウンセリングの勉強で学んだことが、そのとおりでした。

今になって、幼い自分を一生懸命の愛で育ててくれた両親に感謝しました。


 

2016年06月05日 18:42 |コメント|

誰が「怒り」を受け止められるのか

いままで、色々な心の叫びを聞いてきましたが、一番、傾聴が難しいと思うのは「怒り」です。
特に、どこに向けていいかわからない怒り、どこに行っても聞いてくれなかった「怒りの塊」が
「どんなことでもお話ししていいですよ」と言った途端に火のように噴出してくる人がいます。

少し前に相談に来られた方は、とても多くのことを1人で抱えている人でした。

金銭感覚がほとんどなく「浪費」を超えるお金を勝手に使ってしまう配偶者とのトラブル、
「人格破たん者」(本人の弁)の親との関係、
その親が大好きな祖母を「介護放棄」に近い扱いで放置していること、
生まれて間もなく親と共に入信したある宗教から離れたいが離れられないこと。
それらのトラブルが原因となって悪化する自分自身の「こころの病気」のこと。

全てを抱えていて、どうしていいかもわからない。必死に助かる方法を探し、相談窓口に行ったそう。

その方が望むことはただ1つ、「誰か自分を助けてほしい、地獄から救い出してほしい」!
でも、問題を扱う役所や部署はばらばら。
担当者は言います、「○○についてはこういう方法をとったら?」
本人「でも△△の事情があるからそれはできません」
「△△については、ここでは対応できません、××に相談してください」
その繰り返しだったようです。

長い時間話した後、「こんなに自分の心を開けっ放しにしたあげく、何の解決策も与えられずに帰れません!」
「聞きっぱなしですか!?どうしてくれるんです!」
いくつか、公的な相談窓口も提案しましたが、
「そんなところは自分で調べてもう行きました!門前払いでした!」
「結局誰も助けてくれないんですね、もう『死ね』ということですね!」
おそらく、二度と来られないと思います。

傾聴のあと、これほど無力感に打ちひしがれ、後味が悪いことはありません。
少し時間がたって思うのは、「怒り」のパワーは他のどんな感情より強く、すべてを凌駕してしまう。
聴く私たちが、そのパワーに翻弄され、引きずられてしまったのでは、と。

他者への「怒り」を表す人は少なくありません。どうそれを受け止めるか。
火を消すために水をかけるのは逆効果だとわかっていますが、、答えは出ません。

 

 

2016年05月23日 19:04 |コメント|

人として生きること

一昨日まで約2週間、社会福祉士受験のために研修でお世話になったのは
重症心身障害者医療福祉施設でした。
障害区分(1~6)5以上の人がほぼ全員で、障害者福祉と同時に、医療面での毎日の見守りが欠かせない人々が長期入所しています。

先天性障害の方ばかりでなく、ある年齢までは普通に学校に通っていた子どもが事故や
急な心停止によって脳に重大な損傷を受け、
最重度の障害者になっていることも少なくありません。
自力では呼吸も栄養摂取もできず、反応することもなくベッドに横たわり、
多くの管がベッドにつながれている人も多くいました。

研修の間、ずっとある言葉が耳の中でこだましていました。

娘がビルの3階から飛び降り、脳の前頭葉挫傷で、病院の救命救急治療室に運ばれたときの医師の言葉です。

「挫傷した前頭葉が腫れて脳全体の血管を圧迫していき、数日のうちに脳死状態になる可能性が高い。
 助かる見込みは数%程度です。命をとりとめても、重度の障害が残るでしょう。」

「前頭葉の一部を切り取って、脳全体への圧迫を抑えれば一命をとりとめることはできるかもしれない。
 しかし、それをしたら、もう『人間』ではない。そこまでする勇気を僕は持てない。」

「生き延びることと、『人間』でなくなることを選択しなくてはいけない」事実。
突然のあまりの衝撃に、私たち家族は言葉を失いました。

そして、私たちもその勇気を持てなかった。

もしかしたら、このままできる限りの治療にかけて、奇跡的に助かるかもしれない、
その希望にかけるしかありませんでした。

でも奇跡は起きなかった。

その言葉が脳裏を横切るたびに「生き延びても人間でない」とはどういうことか、
と何度も何度も考えてきました。
あのとき、「『人間』でなくなっても、命を救ってください」とお願いしたらいま、どうしていただろう。
そんなことも考えました。

今回の研修で出会った最重度心身障害者の方々の生きる姿は、それを新たに考えさせられるものでした。
どんな状態の方にも、「○○さん。おはよう。今日の調子はどう?」と話しかけながら介護をする人の姿や
五月晴れの庭を、話しかけ、微笑み、笑いながら一緒に散歩する家族の姿でした。

「人として生きること」。深く考えました。でも、結論は出ない、きっと一生。

2016年05月09日 08:54 |コメント|

明日から2週間 現場実習です

社会福祉士の国家試験が来年1月、とひたひたと追いつめられる中、全く勉強が進まず、
かなり心理的に追い詰められている私ですが、
資格取得のために必要な現場実習を受けるために、明日23日から5月7日までは
「こころのともしび」も仕事も放りだして、某重度障害者施設に現場実習に行ってきます。

国家試験のために始めた勉強ですが、福祉全般について理論的なこと、法律制度的なこと、
ソーシャルワークの基礎から学んでいることは、小さな一歩の活動にとって、とてもプラスになっています。

色々な方の相談の中には、現在関わっている福祉や医療の施設やサービスについての悩みも多く、
それらの方の話を、きちんと知識をもって受け止められることで、より深い理解になると気づきました。

合格しなくても(いまから予防線をはるわけではないですが)無駄にはならない。
特に今回の実習は、得難い学習の機会として、強くそう思います。

ということで、2週間、仕事と活動から離れて、1人の実習生としてがんばってきます(*^_^*)
2016年04月22日 18:00 |コメント|