広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

ブログ風 日々のつれづれ

「メンタル・ピア・サポート」勉強会

0000348746.jpg

昨日(2月6日)に、「たんぽぽの会」「Congeneration 世代交流」との共催で行った
「メンタル・ピア・サポート」勉強会では、定員30人を上回り、40人以上の参加がありました。

不登校や発達障害のお子さんを持つ主に母親、精神障害を持つ当事者やその家族が真剣に、
お互いが支えあい、新たな一歩を歩みだす道標を探すために集いました。

基調講演である、塩山先生の講演では
「うつを躁を繰り返す」症状のたとえとして、「部屋の隅にうずくまり、言動や考え方が広がらない」うつ状態と「部屋中を動き回って楽しくしようとする」躁状態(先生は「好奇心」と呼ばれるそうです)と対極としてとらえる考え方、
また、「心の病」という症状への理解として、
「さまざまな症状というのは健康に向かうためのプロセスであり、
どんな症状を示す人に対しても、それを肯定的に見守ることが必要である」ということを学びました。
また、それに寄り添う“ピアサポート”の立場として、
あくまで主役は本人であり、傾聴する立場の人は脇役に徹すること、
相談者からアドバイスを求められても、それに答えようとすることで「主客転倒」になり、説得や説教をしたくなる。
傾聴する立場の人間は、相談者の言動から、その心の深いところにある苦しみや混乱、本当の意味するところを
理解し、くみ取る「翻訳業」に徹することが役割である、と学びました。

第2部の「パネルディスカッション」では、各団体から3人がパネラーとなり、
それぞれの抱える苦しさや、「当事者でないと理解されにくいこと」「健常者との違いを理解してほしいこと」
を発表しました。

感覚器の障害があり、それが原因で授業を受けること自体が苦痛で、
学校に行きたがらないわが子に(後でわかったこと)
「学校は行かなくてはいけないところだ」という固定観念から、
「困った子」と決めつけて叱り続け、親子の戦いがあったこと。
その後、同じ悩みを持つ親同士の交流を通じて自分自身が緩やかな気持ちになったことで親子関係も、子どものこころの状態も明るい方向に向かうことができたことを涙ながらに語った方。

こころの体調が安定しないため、規則的な生活リズムが作れなかったり、毎日規則通りの出勤ができない。
そのことが周囲に理解されないために、職場で認められなかったり、人間関係がうまくいかない。
そのために自分を否定して引きこもってしまう。
そんな経験を通じて「人と人のつながりの大切」を痛感している。
でも同じ悩みを持つ同士では視野が広がらない。当事者も支援者も含めた輪の広がりの大切を実感している、と発表した方。

20年以上、順調に大人になった娘が、嫁ぎ先の心理的虐待が原因で、心を病み、離婚して以来、
様々の精神障害に苦しみ、闘病している。
いつ、何が起きるかわからない中で、親子で苦しみ、救いの道を探したこと。
その道を模索する中で「生きていてくれてありがとう」と毎日思えるようになったことを語った人。

当事者の心の叫びがそこにありました。

パネルディスカッションの最後に、塩山先生がおっしゃった
「専門家として何十年も『こころの病』に寄り添ってきた自分でも、想像できないほどの世界が
ここにあることを知った」というコメントが心に残りました。

その後に、5~6人のグループに分かれて行われた「語り合い」では、
1時間があっという間に思えるほど、各グループで、参加者全員が、当事者としての自分の思い、悩み、葛藤を
語り合い、とても時間が足りないと思えるほどでした。

みんなが共通して持ち帰った「想い」とは
1人や、家族の中といった、限られた世界、思いつめがちな関係の中で「何とかしよう」と閉じこもるのではなく、
勇気の「一歩」をもって、理解しあえる「第三者」に語ってみることの大切さ、だったと思います。

人に話しても何の解決にもならないと思えることでも、
口に出して、ちょっと違う、でも想いを共有できる人に「言葉として語ってみる」こと。
そのことで「出口なんてない」と思いこんでいる暗闇に、自分から光の方向を探す第一歩になればいい、と感じました。

 

 

2016年02月07日 21:56 |コメント|

30回目の誕生日。生まれた年と同じ、寒い日

0000345054.jpg

昨日1月24日は、亡き娘の30回目の誕生日でした。
山の中腹にある墓地に行くのに、雪で道が凍結する恐れがあったので、前日にお花を持って墓参に行きました。

寒い1日でした。

改めて、25年間の娘の人生について考えます。
生まれた日の天気や温度、生まれた瞬間の泣き声。
その年は記録的に寒い年で、3月になっても雪が降る中で、布おむつを洗い、干していたこと。

保育園の時に、マイペースで独特の表現で語る性格だったので「あみちゃんワールドを持っていますね」と先生に言われたこと。
小学校の時、中学校の時、高校の時、大学の時。
友人関係にぶつかって泣いたこともあったけど、いつも友達に恵まれていたこと。
就職して、仕事はきつかったけど、会社の人やお客さんに可愛がられていたこと。

25歳の誕生日まで、普通の娘として、よいことも悪いことも経験しながら生きていた。

どうして、半年間で、違う人間のようになってしまったのだろうと

何度も何度も、考えても仕方ないけど、解けない自己問答をまた繰り返してしまいます。

娘が中学校の時、校門の前で拾ってきた猫が16歳になり、腎臓病を患って、「余命3ヶ月」と宣言されながらも、しっかり回復して頑張って生きています。

大学の下宿時代に拾ってきた猫は糖尿病になり、何度も発作で生死の境をさまよい、
体重が3割も落ちてしまったけど、毎日注射と投薬を続けながら頑張って生きています。

小さな動物でも、「生きよう」と一生懸命戦っている姿に励まされるのです。

「このコたちのように、しんどくても痛くても生きるために負けない」と思ってほしかったよ。
でも、あなたが遺した小さな命をママは全力で守るからね」と娘に約束してきました。

2016年01月25日 14:56 |コメント|

世の中の仕組みがこれでは、特殊詐欺は減らない

知人が「出会い系サイト」の振り込め詐欺の被害に遭った。

訳あって外出ができず、ひきこもりの生活。頼れる身内もいない人。
そんな人に出会い系サイトのサクラが巧みに近づき、信頼させ、出会いの喜びを感じさせた後に
「このままでは連絡が取れなくなる」「お金は後から返金されるらしい」と言って大金を巻き上げた。

その金額に驚いたが「何でそんな金額を疑いもなく支払ってしまったの?」とは聞かなかった。
その時は、その人にとって「それが必要」だったのだ。大金を迷わず払うほどに。

許せない行為だ。

何とかお金が取り戻せないかと、消費者生活センターや警察、弁護士と相談したが、
被害から日数が半月くらい経っていると、かなり難しいらしい。
それ以前に、警察は「被害届」は受理してくれるが、お金を取り戻すための協力は警察の仕事ではない、というのが世の中の正解。
(そんな当たり前のこと知らないの。と馬鹿にされたような返事だった)

本当は、警察か弁護士だけができる「唯一のお金を取り戻すための法的拘束手段」(それも時間が勝負)を弁護士に教えてもらったが、
警察に、自分からそれをお願いすると「民事不介入」と門前払いになるので、
目端の利く、かつ、親切な警察官が「運よく担当してくれて」「刑法上の手続きの『ついでに』自発的にしてくれたら」ラッキー
、らしい。

弁護士から警察に直言できないの?と聞くと、
そのためには、まず正式な弁護依頼をしなくてはいけない。そうでないと何だか、手続き的にまずいらしい(忘れた)

消費者生活センターに相談したら、全てを説明するまでもなく最近頻発している詐欺の手口らしく、話はすぐ理解された。
でも、解決にはつながらない。

全ては「手続き」のための時間。手続きしているうちに、犯人はさっさと金を引出し、口座を解約してしまうだろう。

もっと早く通報すればいいのに、と言うかもしれないが、だまされたことに気づき、
それを他人に言う恥ずかしさとためらいが生じ、それでも勇気を出して被害を告白する。
普通の人間、いや、心が弱く、細くなっている人ほど、そこまで心を整理するのに一定の時間が必要なのだ。

というか、このことを全てお見通しで犯行を重ねるのだろう。

そんなに、手続きやら、権限の範疇やら、越権行為やらって、重要なことなんだろうか。

2016年01月18日 16:16 |コメント|

「きらりの集い in 広島」に参加しました。

0000341937.jpg

連休中(1月9日、10日)に「ピアサポートの集い広島/きらりの集い実行委員」主催で
行われた「きらりの集いin広島」に、昨日行ってきました。
ブログで情報も公開されています。
http://ameblo.jp/peer-sporttudoihiroshima/entry-12107004453.html
全国から精神障害のある当事者や支援者が集まるイベントで、全国各地で何回も開催されています。
両日で200人以上の参加があったと思います。その活気に感動しました。

全体を見て回る時間はありませんでしたが、
来月2月6日に「ピアサポート勉強会」を共催する「Con generation~世代間交流~」の分科会に参加させてもらいました。

分科会のテーマは“夢に生きる”。20~30人くらい、当事者や支援者の方々が参加していたように思います。

精神障害のある方が1人ずつ、ご自分のたどってきた、障害者としての道のりを語り、自分の夢を発表していました。

色々な夢がありました。
ささやかな人生の安定を望む人も、もっとピアサポートの輪を広げていきたい、と語る人も。
障害を乗り越えて、仕事や家庭を手にした人も。

堅苦しい言葉で表現するなら「ソーシャルインクルージョン(社会的包括)」。
かつて、国の福祉政策は、障害のある方は「特定の場所や状況の中で」「助けてもらう」人という考え方でした。
でも、いまは、障害のある人もそうでない人も、同じように社会の中で自立し、主張し、同じ幸せを手に入れることを目指す。

堅苦しい定義より、精神障害の当事者の方々の語る「夢」は力強く、感動しました。

同時に、小さな一歩の今後の活動にも大きな影響を与えるものでした。

今回参加した「Con generation~世代間交流~」が、明後日14日にこの志を受け継ぐ
「夢広場」を開催するそうです。私も参加することにしました。
時間のある方、障害がある方もそうでない方も、間に合うようでしたらご参加ください。

http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/anet/event/archives/post-6506.html

 

2016年01月11日 11:44 |コメント|

一番の願いが叶わない人生だからこそ

新約聖書の中に「使徒言行録」という、初期のキリスト教伝道者の歴史を書き綴った一書があります。
私は、教会説教の中で数年間、この書から「人生という道」について色々な教えを賜りました。

その中に登場するユダヤ人伝道者のパウロは、現在のイスラム地方やアテネ、ローマまで伝道の旅を続け、
(異邦人伝道と言います)今日のキリスト教布教の礎を作った人物と言われます。

彼は同胞のユダヤ人にキリスト教を伝道したいという「一番の望み」を一念に、全ての心血を注いで伝道の旅を続け、布教活動を行います。
長年の投獄、嵐による難破、暴力、命の危険、闘病も彼のこの決意を変えることはありませんでした。
しかし、ローマで当時の皇帝ネロによって処刑される(たと言われる)まで生涯、
神様からそのチャンスは与えらえず、その一念は充分に果たされることはありませんでした。

しかし、その「一番の望み」が叶っていたら、彼の熱心な異邦人伝道活動はなく、キリスト教も今日のような普及はなかったのではないか、と説かれました。

教会でこの「使徒言行録」の最後の章の読み解きとして、、
『パウロのような血のにじむ努力をしても、一番ほしいもの、叶えたいものが叶えられないのが、とかく人生というもの。
でも、だからこそ人は悩み、祈り、努力をする。そこで得られるものこそ、神様が与える人生の果実となる』と教えられました。
(クリスチャンとしては未熟者の文章ですので、聖書の解釈について不正確な点、ご容赦下さい)

私が他の全てを犠牲にしてでも唯一叶えたいこと。それは、どんなに努力しても、知恵を駆使しても、神様に何度お願いしてもかなわないことだ。

どうにもならない。

でも、それが叶っていたら、私は苦しみながら活動を始める決心もしていないし、
色々な人々との出会いの場も作っていないだろう。

それが、私に神が定められた果実となるのでしょうか。

教会ではまた、こう教えます。
「人生という道のゴールは天国にある。天国に行く時に全てがわかる」。

もう一度、天国の入口で娘に出会うまで、道は続く。

2016年01月08日 18:07 |コメント|

会えた方にも、会えなかった方にもありがとう

0000062804.jpg

メリークリスマスが聞こえる頃、今年も終わりに近づこうとしています。

今年は本当に「変動の年」でした。

昨年の夏に「こころのともしび」(当時は仮称「こころのシェルタ―」)の開設の決意表明をし、サポーターを募集。
想像以上に希望者が集まり、設立準備委員会を始めたのが昨年の秋でした。
何回かのミーティングを経て、
現在の名前「こころのともしび」と、運営の基本方針が決まったのが、今年の始めの頃。

その頃、私は悩んでいました。
常設型の傾聴スペースにするためには、限りなく無休で開設したい。
新しいことを始めるにあたり、自分も責任もって携わるためには、限りなくその場に常駐していたい。

しかし、現在の会社経営も、簡単にやめたり手を抜くこともできない。

1つには、現在の仕事そのものに社会的責任があるから。
1つには、小さな一歩の活動を有形無形に下支えをしているのはいまの会社だから。

悩んだ結果が、会社の事務所と「こころのともしび」を同じフロアでシェアすることでした。
色々探した結果、さまざまなわがままな条件を認めてくれたのが、「庚午ビル」オーナーでした。
庚午ビルの1階部分の「丸ごとリノベーション」が終了したのが4月末。
5月には会社の引っ越しをし、6月21日に「こころのともしび」を始めました。

途中、自分が骨折して引っ越し準備ができなかったり、想像以上に設備の準備に手間がかかったりと難航しましたが、6月21日は“はずせない日”。この日に始めたかったのです。

この半年間はとても密度の濃い時間となりました。

予想をはるかに上回り、20人ものスタッフが名乗りをあげてくれたこと、
その多くの方が何らかの当事者経験を持ち、「自分が求めていた場所」と言って参加してくれました。

それぞれの協力の仕方も、日々馴染んできて、自然体でそれぞれの役割分担が進むようになりました。

色々な、重い荷物を抱えておられる方々が訪ねてきて下さいました。
語らいや食事、体のいやしを経て、ほんの少し荷物が軽くなったならうれしいと思います。

他の活動団体や、個人で活動している方からも声がかかり、訪ねてきて下さいました。
自分たちと違った目標や設立の想いをもってがんばっている方の姿を知ることができ、
まだまだ自分は浅いし、狭いな。と学ぶことがたくさんありました。

今年、小さな一歩に、また「こころのともしび」に係って下さった方々の顔や言葉をいま反芻しています。

来年の今頃も、同じ活動をなるべく多くの人たちと共に、心穏やかに続けていられますようにと祈ります。

いま、このブログを読んで下さっている方に感謝します。
不安や迷い、自己嫌悪などで消耗しているときに、
直接お話ししていない方のアクセスやコメントが、「大丈夫、ちゃんと見ているから」と
後ろから支えてくれるように感じた日もあります。

来年もよろしくお願いいたします。

2015年12月24日 14:35 |コメント|

どんな「数年後、数十年後の再会」を考えていたんだろう

0000336171.jpg
娘の大学時代の友人から連絡があった。
来年早々、大学時代の友人が集まる機会に、墓参りに行こうと思う、というものだった。

ありがたさが胸にこみあげた。

他県にいる人がほとんどの仲間たち。
短い時間の中で、わざわざ墓地に足を運んでくれるという。
今も、娘との再会のために時間を作ってくれるという。

かけがえのない友人に恵まれた、と改めて思った。

話しているうちに、娘が大学時代にミクシィをしていた、ということを教えてくれて、
(私は知らなかった)
いくつかの投稿の画面をコピーして画像にして送ってくれた。

その中で大学卒業の時の投稿。2009年。

「またみんなに会えるといいな。
それが来月でも来年でも、何年後でも何十年後でも、実現すれば「またね」は嘘じゃないよね。
みんなの新しい日々が、温かい気持ちに満ちたものですように。
願わくば、人生の新たな舞台で存分に輝きますように」


何年後も年十年後も、そのときの自分でまた、仲間と会うつもりだったんだよね。

そのとき、そのときの仕事や結婚や出産や、子育てや、
もっともっと先に、孫のことやら、そんなことを話すことを考えていたんだよね。

こんな再会を考えていたんではないよね。

他の投稿を見て、改めて
親があきれるほど、ポシティブ思考で、楽天的な性格だったと思い出した。

改めて、
娘の短い人生の中で、短い年月でも、充実したときと人間関係に恵まれた時間があったことを思った。


改めて
何が娘を変えてしまったのか。
うつを患い、わずか3か月で自ら命を絶つような結果になってしまったのか。

あきらめ始めていたけど、やはり、知りたい。と思った。




2015年12月14日 21:57 |コメント|

「あの日を忘れたことはありませんよ」「私もですよ」

広島県自死遺族支援団体連絡会 の会議が1年ぶりに開かれ、
久しぶりに広島県立総合精神保健福祉センターの川村さんとお話しができました。

今は、広島県内に7団体、分かち合いグループがあり、それぞれ、主催団体や運営主旨に特徴があります。
遺族の方も、個性にあった団体の分かち合いに参加することができますが、
川村さんは、広島県内に自死遺族の分かち合いグループがなかった頃に、
手探りで「忘れな草」を立ち上げた際の担当者のお一人です。
その後、2年間別の部署に異動されていましたが、今年度から、元の自死遺族支援担当に戻ってこられました。

今日、久しぶりに川村さんとお話しをして、
私が4年前秋、初めて東広島市の「忘れな草」に参加し、話した内容まで思い出しました。

西条は娘が大学時代に住んでいた街で、娘の想い出がいっぱいつまっている町に降り立ってみて、
今の自分はまだこの街に来られる状態でないと気づかされたこと。
娘の死後、平気なぬ顔をして仕事や日常生活を送っている自分が許せないこと。

そんな話をしてうつむいた顔をあげたとき、目にいっぱい涙をためた川村さんの顔がありました。
多くを語らず、ただうなずいて下さいました。
その目を見て、感動し、「あ、わかってもらっている」と実感しました。

そのことを忘れたことはありません。

今日、会議の後のご挨拶で
「川村さん、私は最初にお会いした日のことを忘れたことはありませんよ。あの日が私の原点でした。」
と一言言ったら
川村さんも「私もあの日を忘れたことはありませんよ。」と返して下さいました。

当事者でも、当事者でなくても、共感しあえる、とはこういうことではないか、と思い、
今日は本当にいい日でした。

 

2015年12月03日 18:30 |コメント|

「突然死」と「余命を知った上での死」

「あなたは「余命を宣告された上での最期と突然死による最期を選べるとしたらどちらを選ぶ?」
という問いかけがカウンセリング教室の死生観に関する講義の中であった、と聞きました。

私は、迷わず「余命を知った上での最期」を選びました。

余命がわかっていれば、人生でやり残したことをして、
残る人に別れを告げ、死後に残すべきものを整理し、
愛する人との残りの日々を悔いなく過ごせると思ったからです。

これは、裏返すと、突然の死によって遺された者の想い。
「もっとこんなことをしてあげたかった」「いろいろな話を聞いておきたかった、話したかった」
そんな悔いと自責感からくるもの。
なんの予告もなく死んでしまった人間の遺したものを手に取って整理する辛さからくるもの。

でも、「余命宣告」は、最期の日を決めるものではない。

ここ数年、親族の死が続きました。ほとんどは高齢か、持病の末の死でしたが、
どんな重病の床にあっても、本人も,周りの者も、最期の日への覚悟より
「もう1日生きよう」「まだがんばれる」と信じ続けていたように思います。

私の父は、死の半年前から急に体のいろいろな器官が悪くなり、
最期は腎不全が見つかり、入院後1か月で亡くなりました。
尿がほとんど出なくなり、意識が混濁し、余命を言われましたが
「いよいよ」と覚悟を決めた直後、一転、きれいな尿が出るようになり、体調も回復。
「よくなるかも」と希望を持って長期療養型病院への転院の手続きをしている矢先に
容体が急変して亡くなりました。

90代で亡くなった義理の祖母は、こん睡状態に陥り、今日明日、と言われた中で目を開け、
水さしを差し出されて、「こんな味のないものは飲みとうない、ワインなら飲みたくなるが」と言い、
枕元の人間が「こんな冗談が言えるなら大丈夫」と笑った次の日、亡くなりました。

その日を静かに迎える、なんてできるだろうか?
人は最後の灯が消えるまで、
本人の意識がなくなっても、体は命の火を燃やそうとするのではないでしょうか。

それほどに、人間の本能の中に埋め込まれている「生きたい」とする力は、本来、強い。

父をずっと献身的に看病していた姉は、死後、「もっとあの時ああしていれば」と悔いていました。
私から見ると、これ以上なく尽くしたと見える姉でした。

どんな最期であっても、遺された者は辛く、自分を責める。
死とはそういうものです。

2015年11月25日 17:43 |コメント|