広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000131745.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫

NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま について

 

「小さな一歩」ネットワークひろしまは、哀しみ、悩み、苦しさ、閉塞感など、心に抱える「大きな重荷」を安心して降ろせる場所として、分かち合い、常設型傾聴スペース、セミナーなどを提供する活動団体です。
 同じ苦しみを抱えている人同士がボランティアで参加する「自助グループ」で運営されます。
 医療や心理の専門家の診断、治療、助言を受ける場所ではありませんが、「分かち合い」や「常設型傾聴スペース『こころのともしび』」でお話しした方が、専門機関の助言や対応を希望される場合は、協力機関と連携しながら、紹介や同行支援を行います。

★主な活動★
 
1)自死遺族の分かち合い
 
自死によって大切な方を亡くされた方(原則として親族)の自助グループ
◆広島市 「自死遺族の希望の会」
※令和2年2月から偶数月の第3日曜日に実施します。
偶数月第3日曜日午後2時~ 場所:「こころのともしび」)
当日は12時から自死遺族限定開放日とし、個別傾聴も行います。
◆福山市「つゆ草の会」
奇数月第3日曜日午後1時30分~ (「しんぐうグローバルカレッジ」
        〒720-0801 広島県福山市入舟町2丁目1-10 ラックス学園ビル)

 
2)こころを休憩する会
うつ症状がある方、その方を支える方(原則として親族)の自助グループ
(毎月第2日曜日午後2時~ 場所:「こころのともしび」)
 
3)こころのともしび
 いつもでも気軽に立ち寄れる常設型傾聴スペースです。傾聴スタッフがいつでもお話を聴きます。
 作り立ての手作りの昼食でだんらんを囲みます。
 気軽なおしゃべりをしたり、昼寝、読書、中庭でひなたぼっこ、、のんびり過ごすことができます。(月・火・木・金/10時~16時、土13時~16時)
 
4)研修会、勉強会等
芸術、心理学、医学 など多方面の専門家と共に「いのち」「こころ」「いやし」について学んだり体験する会(年3~4回程度実施)
 
5)女性専用シェルター(平成30年度 広島市委託「一時生活支援事業」)
経済的・家庭的理由を中心として、やむをえない理由で住居を持つことができない女性に必要な期間、衣食住を無償で提供します。相談、申し込みは広島市くらしサポートセンターです。
 
2020年度 「小さな一歩」活動パンフレットを作成しました。
【PDF版 はこちらから】 
お問合せ、申し込み】
  当ホームページ「問い合わせフォーム」
   電話 082(274)0414
   mail info@chiisanaippo.com

 
■表彰履歴
   令和元年度広島市社会福祉大会「広島市長賞」表彰
   平成30年度広島市社会福祉大会:広島市社会福祉協議会会長表彰
 
■協力提携機関
広島県総合精神保健福祉センター(パレアモア広島)
広島市健康福祉局精神保健福祉センター
広島市社会福祉協議会

最新情報

活動内容、お知らせなど