広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容月次活動報告 ≫ 2018年2月 活動報告 ≫

活動報告

2018年2月 活動報告

≪こころを休憩する会≫

開催日:2月11日(日)
場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
参加人数:12人
当日の様子:
11人来訪。スタッフも含め、12人の参加。女性同士のつきあいのむずかしさ、仲間づくりの方法、自分の心の病をどのように周囲の方に話し、理解してもらったらいいかなどを話し合った。
軽食会:トマトポタージュ、フランスパン、茶菓子 など
 
≪自死遺族の希望の会≫

開催日:2月17日(土)
場 所 :広島教会
参加人数:5人
当日の様子:
初めての方が1人、久しぶりの方が1人。まだ日が浅い方が、どうして自ら命を絶つのかがわからない、と涙ながらに語られ、参加者全員が同じ気持ちを思い出し、共有した。広島教会では最後の分かち合いになった。
軽食会:ポテトスープ、フランスパン、フルーツ、茶菓子 など

≪生きづらさを抱える子どもの子育てについての勉強会≫
開催日:2月15日
講師:渡邉直樹先生
来訪者:15人
当日の様子:
午前は、生きづらさを持つ子どもに、親や周りの人がどう向き合うかを勉強する会。
先生の講義(1時間)の後、参加者がそれぞれの想いを語り合った。
午後は個別相談会があり、5人の方が個室カウンセリングを受けた。

≪精神科医のこころの相談会≫

開催日:2月16日
相談:渡邉直樹先生
来訪者:5人
当日の様子:
昨日の続き、渡邉先生が1人1時間程度のゆっくりとしたペースで、こころの病に苦しむ方々の相談に乗ってくださった。
色々な症状の方が、たくさんお話ができてよかった、と言われていた。

≪こころのともしび 活動実績≫

開所日:24日 来訪者:194人 
個室傾聴、占い回数:48回 
気功,ヒーリング,温熱刺激療法 32回    
食事提供数 177食

寒い中でも来訪者が多く、にぎやかな日が続いた。
からだとこころの健康について語り合う気功茶話会は参加者10人、食養茶話会には7人の参加があり、気軽に健康、美容、心のケア、食事や栄養についてお互いの想いを語ったり、講師の話を参考にしていた。