広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動報告

5月の活動

≪うつ症状のある方、またはその家族の会≫

 開催日:5月8日(日)
 場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
 参加人数:10人
 当日の様子:
 スタッフも含め10人参加。初めての方が4人。職場や家族とのかかわりの難しさの話が中心になった。
 参加者の中で「自分以外の人(家族、友人、同僚)が自分の話を聴いてくれない、わかってくれない、という憤りや悲しさは、
 そもそも相手に対する『期待値』が高すぎ、現実とのギャップが大きいからだ」と前回の分かち合いで言われたことが忘れられない」
 と感慨深く語っていた。
 初参加の人も、積極的に自分の悩みや問いかけを発言していた。

 軽食会:冷やし白玉ぜんざい

≪自死遺族の希望の会≫

 開催日:5月21日(土)
 場 所 :広島教会
 参加人数:4人
 当日の様子:
 久しぶりに参加した人が1人。
 よく参加する人だけで、気心が知れているメンバーだったので、学生スタッフの就職活動の話を聞いたり、近況をざっくばらんに話しあった。
 肩に力の入らない集まりになった。

 軽食会:冷製かぼちゃのケーキ

≪こころのともしび 活動実績≫

  開所日:22日 来訪者:81人 個室傾聴回数(占い相談含む):34回 体の癒し:8回 昼食提供数:98食

※GW中の5日間を休みにしたため、活動日数は他の月より少なかったが、来訪者数はほぼ変わらなかった。
 定期的に傾聴や占いを受ける人が増えてきた。
※29日に渡邉医師の「心の健康相談」を行った。朝10時から17時まで、11人の人が順番に30分~60分程度の個別面接を受けた。
 渡邊先生は、ほとんど休みなしで対応してくださった。多くの方が満足して帰られ、次回の予約をして帰る人も多かった。