広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000482318.jpg

活動の主旨と主な内容月次活動報告 ≫ 2018 年9月活動報告 ≫

活動報告

2018 年9月活動報告

≪こころを休憩する会≫
開催日:9月12日(日)
場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
参加人数:14人
当日の様子:
参加人数が多かったので、2つのグループに分かれて分かち合いをした。
1つのグループは、休職中や、職場復帰後に職場でうまく環境になじめない、という悩みを持つ人。人間同士の力関係や、気の合わない人とうまく折り合う方法についてなど、話がつきなかった。
もう1つのグループでは、新しい集団に参加したときの“人見知り”の克服の仕方などが話題になった。
茶話会:冷たい野菜のスープ、パン、ぶどうなど果物、茶菓子
 
≪精神科医のこころの健康相談会≫
開催日:9月23日(日)
場 所 :常設型傾聴スペース「こころのともしび」
参加人数:7人
当日の様子:
7人の方が相談に来られた。
初めての相談の方と継続的に来られている方がほぼ半数ずつだった。
常連の方は定期的に先生に会えることが大切だとのこと。

≪こころのともしび 活動実績≫
開所日:28日 来訪者:172人 
個室傾聴、占い回数:35回 
気功,ヒーリング,温熱刺激療法 28回    
食事提供数 178食
当日の様子:
日々の生活リズムの定着や、規則正しい生活習慣を守るために、また、自分のこころと体を孤立させないために、「こころのともしび」に来ることを習慣化している人が増えてきた。
継続的な仕事や作業が難しい、と、就職に消極的な人も、自由に過ごせる「こころのともしび」であればストレスや不安が少なく、毎日来ることも可能なようだ。
将来的には就業に向かうにしても、いまは無理なく外出して他人と関わる生活を続けることが大切、と積極的に声をかけるようにしている。