広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

0000517589.jpg

活動の主旨と主な内容 ≫ 「こころのともしび」の日々 ≫

ともしび 日々通信

にぎやかになごやかに楽しみました

忘年会

猛暑の日々

こころのともしびにも連日、猛暑にうだる日々が続いています。
でも、蛇口をひねると水は出る、リモコンボタンを押せばクーラーになる。
そんな生活のありがたさを改めて感じます。

ともしびのフレンドさんの中には直接被害にあわれた方はおられませんでしたが
被災地にお住まいのご親族がたいへんで、、、という話は毎日のように聞きます。

そんな真夏の昼間、「ともしび」の入り口のガラス戸にペインティングしてみました。
おなじみ、ジョゼさんがお客様をお迎えする図、です。

ともしびの中庭には、意外な来訪者が。
きれいなトンボさんです。

毎日毎夕水まきをしています。
避暑の気持ちで遊びにおいでください。冷たい飲み物、用意しています。
活動内容の詳細や最新の詳細スケジュールは コチラ

「こころのともしび」へのアクセスは コチラ

同じ経験をしている人同士の言葉かけは特効薬を超える

「こころのともしび」には毎日5~10人くらいの方が訪れます。
個室傾聴を希望される方もいますが、多くは来訪者同士で談笑し、
お茶やお菓子を食べてくつろいで過ごされます。
色々な事情を持った方々が何気ない語り合いの中から、力をもらったり、友達を作ったり、有意義な情報が得られたり、新しい出会いがあったり。
そんな何気ない語り合いの輪の広がりが、この場を運営する立場として一番うれしい。

先日も、苦しみのさなかにあった方が、隣の人の一言が、気づきのきっかけになったと言われました。
それは「一人で頑張ろうと思った。でもやっぱり一人じゃダメだった」という言葉だったそうです。

心に苦しみを持つ方の多くは「一人で頑張らなくてはいけない。他人に頼ってはいけない」と思っていて、
それが「自分だけなんでこんなに頑張らなくてはいけないのだろう」や
「一人で頑張れない自分が悪い、情けない」という思いにつながり、自分を苦しめます。

きっと、カウンセラーや精神科医から
「無理しないで」「頑張りすぎないで」と言われてもそれができない。
でも、同じような苦しみを持つ人の、経験からくる何気ない一言は素直に心に届くのではないでしょうか。

いつもいつもそう、というわけにはいかないけど、
きっと、ふと心が開けてアンテナが立った時にキャッチした信号はダイレクトに届くのではないでしょうか。

「ここに来ると、なんかお菓子をよく食べるよね」とも言われます。
お菓子とお茶がすすむのはリラックスしている証。

いつもそんな「場所を開いていること」を大切にしたいと思っています。

ともしびの気功整体師 尾堂さんの詩集「笑い続けてよかったな」発売

毎週月曜日、「こころのともしび」で私たちの心と体を元気にしてくれ、第4月曜日の「気功茶話会」での人気も高い気功整体師、尾堂さんの著作である詩集「笑い続けてよかったな」が6月1日に発売になります。

私たちは、尾堂さんを気功整体師とばかりいままで思っていましたが、
実は、詩人としての歩みの方が長く、2005年にも「あったまりんちゃい」を出版されてたのでした(#^^#)

尾堂さん自身の苦難の半生を振り返りながら、暗闇の中から光と希望を見出し、
感謝に結実する「自伝」のような詩、
生きる希望を見失いかけている人をやさしく励まし、力づけてくれる詩、
平和な世界への祈りをささげる詩、
街角の小さな植物や自然に「生きる力」を見出す詩。

苦しみながら希望を見出し、今に至る尾堂さんにしか書けない抒情詩です。

なんと、今週の「オムニ セブンネットショッピング」書籍ー詩歌の部で6位に!

書籍の購入は アマゾン でも、書店でのお取り寄せでも。

尾堂さんのプロフィールとご本人のこの詩集への想いは 尾堂さんのブログこちら

小さな一歩でも、少しまとめて購入し、多少お安くおゆずりする予定です。
ぜひお声をおかけください。

フルオーダー♡無垢板の棚

以前にもフレンドさんで、クラフト家具作家さんの作品紹介をしましたが、
新たに、食器棚(?)も増えて、トータルコーディネートが完成しつつあります(笑)

現在、カップ置き棚の制作を依頼中。
コーディネートが完成したらまた披露します(#^^#)

ちなみに細部まで細かい仕上げや細工がされた、フルオーダーのこの棚、
価格は同じようなサイズの「ニトリ」の棚より多分お安いと思います。

作家さんの作品紹介はコチラから → https://minne.com/@kannorn


 

3月から新たに第4木曜日の夜に「ほろ酔い酒話会」を始めます

「こころのともしび」に来られている方の中で、
ちょっと元気になって、職場や学業に復帰した方が
昼間の「ともしび」に来られなくなるのは
とてもうれしいけど、でもちょっと寂しい。

そんな方が職場や学校帰りに寄れる機会を作りたい、と考えていて、
トワイライトタイムの集まりを持ちたいと思う中で、
昼間の集いとはまた違うテイストの集まりは、、、
そうだ、軽くアルコールを入れた会にしたらどうだろう!ということで「夜の酒話会」をやってみたら、、と思い立ちました。

もちろん「ともしび」初参加の方も歓迎です。

車の方、お薬や治療の関係でアルコール摂取ができない方はノンアルコール飲料もありますのでぜひご参加ください。

当日昼までに申し込みいただくと準備の関係上、助かります。
電話 082(274)0414 まで。お待ちしています。