広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

活動の主旨と主な内容 ≫ ブログ ≫

ブログ風 日々のつれづれ

「コロナうつ」についての心理カウンセラーの考察

何年か前から、心理カウンセラー鈴木雅幸先生のオンライン講座を受講しています。
先生から送られるメルマガは、ストレートな解説に多くの含蓄があり、「そうなんだ!」と学ばされることが多いのですが、今回送られてきた「コロナうつに関する考察」も考えさせられるものでした。
異論がある方もおられるとは思いますが、ほぼ全文をご紹介いたします。
鈴木雅幸先生のプロフィールやオンライン講座のご紹介は https://counselinglife.com/i-phone/
 
【以下は先生のメルマガ原稿(ほぼ原文のまま)】

コロナうつの予防と解決について
自粛生活は徐々に解除の方向に向かうようですが、今後、様々な心の問題が出てくる可能性があります。
そこで、コロナうつの原因とその解決法に関してお伝えします。
現時点でコロナショックによる心の問題(ストレス)をざっと挙げてみます。
1)経済的な逼迫による極度のストレス
2)感染に対する過度の不安からくるストレス
3)神経質(強迫的)に感染予防に囚われることによるストレス
4)自粛生活による様々な制約に対するストレス
5)先の見えない、言い知れない将来不安からくるストレス
6)人間関係が遮断されたことによる孤独や不満などのストレス
7)家族と普段より近い距離感による軋轢、イライラによるストレス
8)自分が我慢していることで我慢していないように見える人間への怒りからくるストレスや八つ当たり、嫉妬
9)ウイルスに対する知識不足からくる恐怖、過度の不安
10)新型コロナウイルスに関する正確な情報の不足からくる混乱によるストレス
11)コロナ対応(激務、感染予防対策からくる疲弊)による非日常的なストレス(医療従事者、小売店の店員、配達員、公務員など)
12)日々「今日の感染者数は」というマスメディアの情報に暴露することによるストレス

上記の中で1)と11)に関しては、そのストレス対象が解決しないと、つまり無くならないと解消は難しいです。
逆にいうと1)と11)は、その事象がなくなれば解決するケースが多いのです。
一方、1)と11)以外のストレスは、自分のコントロールによってどうにでも出来るストレスです。
自分の心の持ち方、捉え方、切り替え、知恵と工夫、必要な知識と情報を自ら得ることで解決します。
ところがこのストレスの方が、深刻で長期的なうつになる危険性もあります。
なぜなら、これらはその本人の物事の捉え方や人間関係の繋がり方などが問題になるので、より根が深いからです。
こういう問題は往々にして、コロナショックの前からその伏線や背景があることが多いです。
元々物事を狭く捉えやすい、視野が元々狭い。
知恵や工夫を取り入れるという習慣がない。
いざというとき、メンタルが先に参ってしまう。
元々そういう傾向がある場合、こうした非常事態では顕著に出てきやすいといえます。
実はこういう問題が生じた時には、一人で解決することがなかなか難しい。
ほとんどの人が悪循環から抜け出せず、長期間、場合によっては何年も苦しむことが多いのです。
これは当の本人にはとても辛いことなのですが、なかなか周囲に理解されなかったり、
相談できる相手もいないことも多いのです。
そして、これも「実は」なのですが、こうした問題ほどカウンセリングやメンタルコーチングが奏功しやすいのです。

 
こうした問題の解決方法は言葉にするとシンプルです。
あきれてしまうほどシンプルなものです。
「捉え方と行動を変える」
実はこれだけなんです。
ところが、これだけなんですが、ほとんどの人たちがそれが出来ないで苦しむことになるのです。
視野の狭さや考え方・行動のクセというのは、ある意味、そこまで自分自身や自分の人生を創り上げてきたものだともいえます。
そうしたものを大きく転換させるというのは、なかなか簡単にできるものではありません。
ちょっと勇気も要りますしね。
ある意味、これまでの自分自身を歯切れよく「否定」できないとならないからです。
人は自分を、そして自分の生き方を否定されることほど、怖ろしいと思うことはないからです。
ところが、この怖ろしいほどに歯切れよく自分と自分の人生を一度自分で否定できると、
そこから本人も考えられないほどに復活したり、生まれ変わったりします。
いわゆる「建設的な否定」というものですね。
自分の発想や視点を180度転換させるようなものですが、これが大事なのです。
「スクラップ&ビルド」という言葉があります。
破壊と創造とでも訳せるでしょうか。
要は、新たな価値観や生き方の構築や創造のためには、一度破壊的な作業が必要になるわけです。
しかし、その破壊的な否定を歯切れよくできた先に、新しい人生や自分自身が待っていることが、往々にしてあります。
2020年05月19日 18:23

「こころ」の崩壊が怖いコロナ禍

「こころのともしび」の活動を自粛してから1ヶ月が経ちました。
いまは、予約制で1組ずつ、傾聴を続けています。
(手指の消毒、検温、換気、距離には十分な注意を払っています)
予約の連絡をされた方にそのまま、電話でお話しを聞くことも少なくありません。

電話や傾聴のお話しの中で、「コロナの影響が日常生活や、こころの問題を侵食している」ことを感じます。特に近日、相談が増加しています。

ある方は、3月に採用された職場で1ヶ月もたたないうちに自宅待機になりました。
そのこと自体は避けられない決定だと思うのですが、お話しをしているうちに
「この職場が出勤禁止になったのも、はては、コロナ感染も、すべて自分が悪いのではないかと思ってしまう」という言葉に驚きました。
ありえないことを想像してしまうほど、気持ちが落ち込み、自分を責め、うつになっているのです。

またある方は、「自宅での家族からの精神的なDVが激化している。もともとその傾向はあったものの、その都度自分が何泊がネットカフェなどに逃げてクールダウンしていたが、それも、ネットカフェが休業している。友人の家に逃げることもあったが、友人の家もコロナ感染を恐れて、受け入れてくれない」と訴えます。

またある方は、いつも通っている作業所が休業になり、家にこもっていると思い出すのは、過去に受けた壮絶ないじめや家族からの暴言ばかり。そのことが振り払っても振り払っても自分を襲ってくる、と訴えます。

私の立場では、ただただ耳を傾けることしかできませんが、せめてこの場所を「こころの駆け込み寺」として灯をともしていたいと思います。

コロナ感染拡大はまだ予断を許さない状況で、緊急事態宣言も延長されました。
できるだけ外出をせず、電話やLINEなど、遠隔での傾聴を利用いただきたいと思います。
新たに「LINEと電話による傾聴」のご案内をしています。
こもりやすいこの時期、テレワークならぬテレ傾聴をご利用下さい。
2020年05月01日 19:16

愛猫が教えてくれた「看取る」ということ

マリモ

自宅で飼っていた猫のマリモが4月15日、永眠しました。21歳。人間では100歳を超える超高齢でした。

5年前に重い腎臓病で余命3か月と診断され、覚悟の上で、日々の投薬、点滴、腎臓病の高齢猫用の特別食、手からの給餌、定期検診、注射など、ありとあらゆる手を尽くしてきました。

獣医師からも『奇跡の回復』と驚かれていました。

3日前から、腎臓病の末期症状が出て、いよいよの覚悟で15日は会社を休み、朝から見守っていましたが、昼前に、私の腕の中で徐々に拍動が弱くなり、そのまま眠るように心臓が動かなくなりました。

 

本当におだやかな最期だったと思います。

 

共に闘病しながら、「これほどやるべきことをやり尽くしたら、その日が来ても後悔することはない」と思っていました。

というより、この数年間、娘や両親との永遠の別れの後で、「してあげられなかった」後悔をずっと抱いてきた私も、夫も、「命はいつかは終わるもの、だけど、後悔のない看取りをしてやりたい」という思いが強かった。だから、迷いなくやりつくせたのだと思うのです。

 

弔いが終わって3日間。

悔いはないけど、たまらなく寂しい。マリモがいた時空間がすぽっと穴が空いてしまったように、心に力が入らない。

 

ああ、そうなんだな。そうだったんだ。

 

今まで、遺された者は、「もっとしてあげたかった」「こうしていたら助けられた」と後悔で苦しむのだと思っていたけど

愛する者を看取るということ、それは本当に、それ自体で理屈も容赦もなく、純粋に悲しいんだな。

初めて知った想いです。

2020年04月19日 15:37

いまこの時の気持ちを覚えておくために

しばらく、ここに書き込みができませんでした。

葛藤の想いが続いて、ここに自分の想いを書くべきかわからなくなり。
また、この活動の是非や価値がわからなくなったり。
知らないうちに自分の言葉が色々な人を傷つけているような気がして怖くなったり。
不注意や心のゆるみ、軽率な言動、独りよがり、、、自分の性格が心底いやになったり。

悶々とし続けてきました。いまもこれからもそれがなくなることはないと思います。

でも、今日、ある方の言葉を人づてに聞きました。
「色々、過去に苦しくつらいことがあったけど、それがゆえに、『ここ』につながるきっかけになり、
このような時間を過ごすことができた。
だとすると、その過去も悪くなかったかな、と思うのです」

「ありがとう。私があなたに救われているのです。」心からお礼を言いたいと思う。
 
2020年03月26日 20:41

ジレンマに陥る

色々な困難を抱えている人の話を聞くと、つい思い入れをしてしまう。
特に心の問題にからんで家族との軋轢、孤立や生活苦が重なり、何重苦にもなっている人。

傾聴ではその方の生活上の困難が解決しない、専門の助けが必要な方。
うまく自分の困難が語れない人に代わって、色々な担当者と話をすることもある。
「原則のルールはわかるが、目の前の『原則では解決しない人』のために柔軟に対応してもらえないか」と話しているうちに、つい感情的な話し方になってしまう。

「こんなしんどい思いをしているんですよ」「私はそんなことは聞いていませんよ」
(そうでしょうよ、ルールに忠実に、無理無駄ない仕事を「よし」とされている人には心の内は言いませんよ。ホンネを聞くつもりもないでしょ。)
頭が熱くなっていく。

でも結局「今のルールでは無理」という、絶対的な結論は変わる由もなく、
私がアホなんだろうか?私は物分かりの悪いクレーマーなのか?
目の前にいる生身の人間への「お気の毒だ」という思いでつんのめってしまって
勝てない戦いにやっきになって、と後味の悪い自己嫌悪だけが残る。
分かっているのに反省して冷静になれない(ため息。。。)

 
2020年01月07日 19:17

衰えていく自分と付き合いながら来年も頑張ります

今日で2019年も終わりです。

自分の今年を振り返って、一番大きな出来事は、脳の記憶障害を起こしたことです。
2月、県内で講演中、突然、一過性全健忘という発作を起こしました。
一過性全健忘というのは、突然、直近の一定期間の自分の行動の記憶が頭から抜き落ちてしまう症状で、
分かりやすくいうと、突然「ここはどこ?私はここで何をしているの?なぜここにいるの?」という状態です。発作中の言動も記憶から抜き落ちてしまいます。
わかりやすい説明がWebにあります。
https://doctorsfile.jp/medication/20/
 
私から突然このような訴えの電話が出先からかかってきた夫はびっくりして、本当に怖かったと今でも言っていますが、私はその電話をかけたことさえ今でも思い出せません。
数日後に脳神経外科でMRIを撮ったところ、脳の海馬に脳梗塞が見つかりました。
以降、脳梗塞の薬を欠かさず飲み(血液を固まらせないようにする薬なので、出血すると止まらない、知らないうちにできている内出血のために腕や足にしょっちゅうあざができる、、、)ながら生活しています。

海馬とは脳の中で記憶を司っている場所。
記憶力に障害がある、というのは傾聴活動を続けるうえで致命的です。
傾聴した方が話したこと、自分が前回言ったことが、全てではないけれど、細かいことが記憶から抜け落ちてしまう。
約束した日時を忘れる。顔や名前を忘れる。
そのためにいつも、頭の中では焦って冷や汗をかいている。
事務的なことやスケジュールは、ひたすらメモをとることで被害を最小限に食い止めていますが。。。
聞いたことを全てメモにとることはできないし、まして自分の言ったことを書き留めることはできません。
いつも自分が何かを忘れているのでは、そのことで人に迷惑をかけているのではと恐れています。
「忘れる」のは、脳梗塞が原因なのか、単に脳の老化なのか、元々の粗忽な性格のせいか、色々なことをいっぺんに考えたり実行しなくてはいけないので、そもそも脳のキャパシティオーバーなのか。。。
2か月に1回の診察のたびに主治医に不安を訴え、若年性認知症の検査も受けたい、とお願いするのですが、なぜか、あまり真剣に取り合ってくれません。
 
いまのところ、一過性全健忘の発作は再発していませんが(再発の危険性は少ないらしい)。。。
 
老いる、ということは、こういうことだとしみじみと感じます。
数年前には緑内障を発症し、いつ悪化するか不安な視力とつきあいながら目を使っています。
今度は、記憶力です。「忘れる」こととつきあいながら生きていかなくてはいけません。
時々一人でいるとたまらなく不安になりますが、
「将来のことを過剰に心配しても、先のことはわからない。今を一生懸命生きるしかできませんよね」と他人に言う言葉を、自分にも言い聞かせて、なるべく周りに迷惑をかけないように、来年も生きていこうと思います。

なんだか、情けない、2020年の抱負になってしまいました(笑)
 
2019年12月31日 16:12

負のスパイラルに陥る前に

こころのともしびに来られる方の中には、自分を責めながらそのことが「他人に聞かせる価値もない」と思い込み、自分で全て抱え込む、という「負のスパイラル」にはまってしまっている方が多い。
そんな方に、私たちスタッフは少しでも楽になってもらいたいと傾聴をしているつもりなのですが、時々、知らないうちに自分自身がその「負のスパイラル」にはまってしまうことがあります。
 
「こころのともしび」の活動で全ての方のこころの問題が解決する、などと大それたことは考えていませんが、
間違った応答や態度で「あの方を」かえって苦しめたかも。
「あの方の」真に求めていることが果たせず失望して帰られたかも。
「あの方は」居心地が悪く過ごしていたかも。
「自分の偏った考えで、この場所を居心地悪いものにしているかも。」
それは全て私の責任だ。
そんな自己嫌悪感が頭を支配することがあります。
 
頭を抱えて「悪いのはお前だ」「お前は無力だ」「お前は人の気持ちがわかっていない」「お前は心が冷たい」「お前は軽率だ」「お前が間違っている」「全てはお前のせいだ」と責める声がぐるぐると回り出し、頭の中を支配します。
そんなときは、どんな励ましも、気休めのうそを言っていると思えるし、
感謝の言葉に対しても「これはほんの一部の人だ。その数倍数十倍の人が不満に思っている」と思い込み、頭の表面を上滑りしていきます。

「自分はまた人を傷つけるかもしれない」と他人の顔を見ることさえ怖くなります。
 
そんなとき、どうやってその負のスパイラルから抜け出すのか。
それは、「他人に自分の恥や罪を聞かせるのは恥ずかしい」「軽蔑され、責められるのでは」という思いを脱ぎ捨て、心を裸にして、恥でも罪でも聞いてもらうことしかないのでは。
 
9月まで「こころのともしび」で気功療法をしてくださっていた尾堂桂子さんのサロンを訪ね、思い切り心の内を聞いてもらったことがあります。
尾堂さんは、私の想いの吐き出しを傾聴してくれて、ほがらかに笑い飛ばしてくれました。
そして、脳の中の「感情をつかさどる部分(右耳の上にあるそうです)をほぐしてくれて、
「ああこんなにここがパンパンになっていたら、ネガティブ思考が頭の中でぐるぐるして、いい考えが脳に全く入ってきませんよ、これじゃどうにもならない」
「こういう状態になったらすぐ来てね。危なかったよ。」と言ってくれました。
不思議と、とても楽になったのです。
 
日々、自分1人で頑張らなくては、と思いやすい方。
特に立場上、常に正しく清く強い人間であることが求められ(ていると思いがち)、弱音が吐けない、間違いが許されない(と自分で肩に力を入れてしまいやすい)方。
ぜひ重い鎧を脱ぎ捨てて、話を聞いてくれる人や場所を探してください。
2019年12月02日 20:02

自死遺族は涙を隠して静かに生きているのが“普通”なのか

時々、というか、結構頻繁に
「『自死遺族なのに』こういう活動をされて、えらいですね」とか
「なぜご自分も辛い思いをされているのに、こういう活動ができるのですか」
と言われることがあり、なんと答えたものか戸惑うことがあります。
 
でも、例えば、
事故や事件で家族を亡くした遺族が、再発防止のために社会活動をすることもある。
大きな自然災害で家族を失った当事者が、復旧に立ち上がると共に予防のために国や地方行政に呼びかけながら、被災者同士が助け合う運動に参加することも多い。
辛い経験をした当事者だからこそ、二度と同じ悲劇が起きないように、社会に問いかけたい想いも強い。
そのような活動をしている人に、「なんで被害者がするのですか?」という問いはあまり生まれていないと思うのです。
 
一方で自死遺族にはこの問いかけが生まれる、というのはやはり「自死」に対する特殊な見方があるのではないかと思うのです。
「自死は恥ずべきもの、隠すべきもの」という『世間の偏見があるのに』(実はそう思う人自身の偏見だと思う)『それを跳ね返して堂々と活動する人間への違和感』(「え、なんで気にしないの?」)でしょうか。
 
私が活動の最初から自分の顔も名前も、娘の名前も写真も公開していたことを「よく勇気がありましたね」と驚嘆されることも多いのですが、そのときは
「自死した人も遺族も、他人や社会に対して、何も悪いこと、恥ずべきことはしていない。そのことを自分自身が証明したい、という思いで全てを公表しました。」と答えています。
 
私は、娘の自死で自分の人生を全て見失った思いで過ごしていた日々の中、半年ほど経ったときに娘が生前私に遺していたものが偶然見つかりました。
そのものによって「娘は、私に『何かをしてほしい』と託している」と思いました。
(単なる思い込み、と他人に言われても構いません)
だから、何かをしたい。医療福祉の分野に全く素人の自分でも何かできることをまず「一歩」でも。とおもいました。
それが「小さな一歩」の源流です。
2019年11月17日 17:23

「昔のこと」ではない。自死遺児たちの長い年月

小さな一歩の自死遺族の希望の会に集う遺族の方々は、1~2年前に家族を亡くした方がやや多いのですが、何十年も前の子どもの頃、親御さんを亡くした方も来られます。

日本で過去に自死が急激に増加したのは平成10年。
特に不況下で経済的・精神的に追い詰められた働き盛りの男性の自死が急増しました。
自死遺族支援も含めた自殺防止対策に国が法制化したのは約10年後。
社会に少しずつ浸透していったのは、さらにその後です。
かつての自死遺児、いまは成人した自死遺族の多くは、自死への偏見が強い世の中で親の自死の悲しみを語ることもできず、あるいはまた、自死であることを大人たちから隠され、遺族に対する生活面、精神面のケアも受けられずに大人になりました。

いま、やっと自らの自死遺族としての人生を語ることが、多少でも許されてきた。
当時の自死遺児の1人が語ります。
「当時は白い目で見られるのが怖くて誰にも相談できなかったし、
話しても誰も聞いてくれず、偏見の目で見られた。
『遺族である親を助けてがんばれ』と言われることもあった。
自死遺族としての『自分のいままで』をやっと語れるいま、『昔のことじゃないの』と言われるのがつらい」。
(※発言内容の一部をこのブログで公表することについてはご本人の了承をいただいています)
先日、私は岡山県の社会福祉士研修の「自死遺族支援」の講義を承ってきましたが、
その「講義用教科書」には
「自死遺族の心理的悲嘆は死別に伴う自然は反応だが、これが長期化・重篤化(例えば1年以上状態が改善しない)状態である複雑性悲嘆(以下後略)・・・」とありました。
私は、この一文を否定しました。
「このような『期限の目安』は、『もう1年たったのだから』『いつまでも悲しんでいないで』『もう昔のことではないか』という考えにつながり、遺族をかえって苦しめる。」
また、こうも言いました。
「悲しいのは愛しているからです。悲しみを薄めることは、その人への愛を薄めることにもつながる、と思うから遺族はいつまでも愛しながら悲しんでいるのです」

尾道市で新たに自死遺族の自助グループ「陽だまりの会」が発足します。
10月27日が初回の会合です。
広島県内の他の自死遺族の会とはまた違う味わいの会になるのではないかと期待し、応援したいと思います。
2019年10月17日 19:59

再会の喜びが胸にしみたミニライブ

先日、以前にともしびに来られていた方からミニコンサートのお招きをいただきました。
こころの状態が悪い時、夫婦で来られた方。
ご本人と、寄り添う朴訥なご主人の姿勢も印象に残っている方でした。
ミニコンサートとはいえ、15曲もの演奏リスト。
体調もいつも良いわけでもなかったでしよう。
そんな中で2人で練習を重ねる努力、気力に思いを馳せながら聴いていると、
お2人が歩んできた、平坦でない道のりに目頭が熱くなりました。
共演ゲストは、病気で半身が不自由になられた片腕のピアニストの弾き語り。
長年付き添った夫婦の、こころの琴線を歌う自作の曲は心を打ちました。
コンサートはコスプレあり、楽しいMCあり。楽しみながら、
よくここまで準備したと感動しました。
最後に、小さな一歩についてわざわざご紹介くださいました。
「行く時にはいつもすごくエネルギーが必要だった。身体も重かった。
でも、行かなくてはいけない気持ちと、行けば何かがある、という期待から、
重い体にムチ打って行っていた。
黙ってたくさん話を聞いてもらって救われた」と言われました。
そのとき、当時の姿をまた思いだし、涙が滲みました。
 
しばらくご無沙汰だった方がともしびを忘れずにいてくれて、呼んで下さったことで、
私たちがすごく勇気と励ましをいただきました。
 
日々傾聴を続けているとうまく話が噛み合わないこともある、
「しっかり寄り添えなかった」と自分を責めて後悔することもたくさんある。
連絡もなく、突然来られなくなって、どうしているのだどうと気がかりな方も多い。
そんな時は、心配もするし、我々に落度があったのかと悶々とします。
それでも、続けることで、誰かが少し元気になるのかもしれない。
そんなことをしみじみおもいながら、過ごした2時間でした。
(ご本人の了承をいただき、写真も紹介しています)
2019年09月30日 18:18