広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

活動の主旨と主な内容 ≫ ブログ ≫

ブログ風 日々のつれづれ

「昔のこと」ではない。自死遺児たちの長い年月

小さな一歩の自死遺族の希望の会に集う遺族の方々は、1~2年前に家族を亡くした方がやや多いのですが、何十年も前の子どもの頃、親御さんを亡くした方も来られます。

日本で過去に自死が急激に増加したのは平成10年。
特に不況下で経済的・精神的に追い詰められた働き盛りの男性の自死が急増しました。
自死遺族支援も含めた自殺防止対策に国が法制化したのは約10年後。
社会に少しずつ浸透していったのは、さらにその後です。
かつての自死遺児、いまは成人した自死遺族の多くは、自死への偏見が強い世の中で親の自死の悲しみを語ることもできず、あるいはまた、自死であることを大人たちから隠され、遺族に対する生活面、精神面のケアも受けられずに大人になりました。

いま、やっと自らの自死遺族としての人生を語ることが、多少でも許されてきた。
当時の自死遺児の1人が語ります。
「当時は白い目で見られるのが怖くて誰にも相談できなかったし、
話しても誰も聞いてくれず、偏見の目で見られた。
『遺族である親を助けてがんばれ』と言われることもあった。
自死遺族としての『自分のいままで』をやっと語れるいま、『昔のことじゃないの』と言われるのがつらい」。

先日、私は岡山県の社会福祉士研修の「自死遺族支援」の講義を承ってきましたが、
その「講義用教科書」には
「自死遺族の心理的悲嘆は死別に伴う自然は反応だが、これが長期化・重篤化(例えば1年以上状態が改善しない)状態である複雑性悲嘆(以下後略)・・・」とありました。
私は、この一文を否定しました。
「このような『期限の目安』は、『もう1年たったのだから』『いつまでも悲しんでいないで』『もう昔のことではないか』という考えにつながり、遺族をかえって苦しめる。」
また、こうも言いました。
「悲しいのは愛しているからです。悲しみを薄めることは、その人への愛を薄めることにもつながる、と思うから遺族はいつまでも愛しながら悲しんでいるのです」

尾道市で新たに自死遺族の自助グループ「陽だまりの会」が発足します。
10月27日が初回の会合です。
広島県内の他の自死遺族の会とはまた違う味わいの会になるのではないかと期待し、応援したいと思います。
2019年10月17日 19:59

「死ぬかもしれない」という直感は「生きろ!」というメッセージだったのか

先日、不思議な話を聞きました。
以前、ともしびの傾聴に来られていた方(Aさん)。
当時は、主に、ご家族とのぎくしゃくした関係についての相談でした。
久しぶりに来られた姿を見てまず驚いたのは、酸素吸入器を携えておられたこと。
「どうしたのですか?」と聞いたところ、最近、肺動脈の難しい手術をして、その予後だということでした。
 
Aさんが語られるのには、
半年以上前に、ある病院で肺炎と診察され、治療を受けていたが、体調が回復しない。
不安に思いつつも大きな症状の変化はなく半年すぎた頃、ふと「このままでは死ぬ」という直感が浮かんだそうです。
特に痛みや苦しさがひどくなったわけではないのだけど、その直感は確信に近いものになり、その病院の「医療相談室」に相談したところ、相談員はその訴えを看過せず、別の大病院に移され再検査。
その結果、肺動脈に悪性肉腫が発見され、大きな手術を受けることになりました。
手術は成功し、いまは在宅で治療中ですが、回復に向かっているそうです。
 
「死にそう」という直感が、もっと早かったら医療相談室は深刻に取り組んでなかった可能性が高い。
また、もっと遅かったら、手術をしても手遅れだったり、その前に、原因不明の突然死になっていたかもしれない、と言われていました。
事実、脳や心臓の動脈の突然の破裂による「突然死」は世の中で少なくありません。
 
以前元気な時には色々なことでAさんを責め、関係がぎくしゃくしていたご家族も、「生きていてくれるだけでいい」と、やさしくなり、家事にも協力的だそうです。
 
「死にそう」という直感は、命の源からくる「生きろ!」というメッセージだったのでしょうか。
そのメッセージを感じ取り、新しい治療に動いたAさんは命を取り留めただけでなく、家族との新しい関係の道が開けたのです。
 
人の命や運命の不思議をつくづく感じたお話しでした。
 
2019年10月13日 18:49

再会の喜びが胸にしみたミニライブ

先日、以前にともしびに来られていた方からミニコンサートのお招きをいただきました。
こころの状態が悪い時、夫婦で来られた方。
ご本人と、寄り添う朴訥なご主人の姿勢も印象に残っている方でした。
ミニコンサートとはいえ、15曲もの演奏リスト。
体調もいつも良いわけでもなかったでしよう。
そんな中で2人で練習を重ねる努力、気力に思いを馳せながら聴いていると、
お2人が歩んできた、平坦でない道のりに目頭が熱くなりました。
共演ゲストは、病気で半身が不自由になられた片腕のピアニストの弾き語り。
長年付き添った夫婦の、こころの琴線を歌う自作の曲は心を打ちました。
コンサートはコスプレあり、楽しいMCあり。楽しみながら、
よくここまで準備したと感動しました。
最後に、小さな一歩についてわざわざご紹介くださいました。
「行く時にはいつもすごくエネルギーが必要だった。身体も重かった。
でも、行かなくてはいけない気持ちと、行けば何かがある、という期待から、
重い体にムチ打って行っていた。
黙ってたくさん話を聞いてもらって救われた」と言われました。
そのとき、当時の姿をまた思いだし、涙が滲みました。
 
しばらくご無沙汰だった方がともしびを忘れずにいてくれて、呼んで下さったことで、
私たちがすごく勇気と励ましをいただきました。
 
日々傾聴を続けているとうまく話が噛み合わないこともある、
「しっかり寄り添えなかった」と自分を責めて後悔することもたくさんある。
連絡もなく、突然来られなくなって、どうしているのだどうと気がかりな方も多い。
そんな時は、心配もするし、我々に落度があったのかと悶々とします。
それでも、続けることで、誰かが少し元気になるのかもしれない。
そんなことをしみじみおもいながら、過ごした2時間でした。
(ご本人の了承をいただき、写真も紹介しています)
2019年09月30日 18:18

死への恐怖がゼロになるとき

先週末の「こころを休憩する会」にお子さんのこころの病に悩む親ごさんが多く来られました。
死にたい、、自分には生きる価値がない、、死んだ方がましだ、、、生きていてもいいことはない、、、
このような子どものこころの叫びを受け止める辛さを聞いているうちに、8年前の娘と私のことが脳裏に蘇ってきました。
 
娘も腕に沢山の自傷の傷を作り、「死ぬ」と言って家を飛び出したり、自分を痛みつけたり、
そんな行為を繰り返していました。
 
心が浮かび上がったり、落ち込んだりを繰り返していた頃、
娘が生きていくために唯一すがっていた希望が断ち切られる出来事があった。
彼女にとっての“心の命綱”がぷつんと切られてしまった。
 
私が最後に娘と言葉を交わしたとき、その顔は笑顔でした。
横にいた私に“ちょっとした頼み事”をしました。
私は娘の落ち着いた話しぶり、すっきりした笑顔にすっかり安心しました。
“その頼み事”を果たすためにいそいそと娘のそばを離れました。
娘がビルから飛び降りたのはその、わずか10分ちょっとの時間でした。
 
完全に死ぬことを決めて、迷いが0%になった、その表情が私が最後に見た笑顔だったのでしょうか。
人間として一番重い「こころの病の症状」とは心の中が「死」に完全に支配されてしまい、恐怖を感じることができなくなることではないでしょうか。

分かち合いの場で私は言いました。
「死にたい」と訴えて続けてきた人が、状態が好転しないのに急にそれを口にしなくなった時が、一番警戒する時かもしれない。
なぜなら「死」を決心したら、止めてほしくないから、回りを安心させるためにむしろ元気を装うのです。
 
「死にたい」という言葉に対して「死んではいけない」「すべきでない」ではなく、
「死」とはどういうことか、必死に語って下さい。
死んだら楽になるかもしれない。でも「楽になった」と感じることはもうできない。
死んだらあなたを苦しめてきた人に少しの仕返しができるかもしれない。でも、仕返しができたことを確認することはもうできない。
死んだら沢山の人が泣くだろう。でも、その泣いた姿を見ることはできない。
死んで、自分の正義を証明できるかもしれない。でもその証明できたことを知ることはできない。
 
そして「あなたが死んだら私がどんなにか苦しく悲しいか」その気持ちを必死に語り続けてくださいと。
2019年08月14日 11:39

一言の言葉がもたらす重い功罪

「ともしび」に、1人の方が訪ねてこられた。

体調がいいときは「こころのともしび」にも遊びに来るが、重いうつ病で体調が安定しない。
死にたい気持ちが高まることもたびたびあり、気持ちが抑えられない夜、よく電話をかけてこられていた。
深夜にかかる電話。その方の名前が携帯電話に表示されるとどきっとする。
電話に出る。
手の届かない距離にいる、その方の「死にたい気持ち」にどう答えたらいいか、緊張する。
その気持ちを抑えながら、まず、「死にたい気持ち」を否定せず受け止める。
そして、
「『ずっと生きなくてはいけない』と考えなくていい、でも生きていたらまた私たちに会える。
次に「ともしび」で私たちと会える日までは、とりあえず生きていることにしよう。
約束も予約もいらない、いつでも私たちはあなたを待っているから、調子が上向いたらここで会おう。
そう思って、その日までは生きていよう」と、言葉を絞り出して呼びかける。
 
必死なので、他に何を言ったのか、正確には記憶していなかったが、
久しぶりに来られたときに、
「この時に、米山さんにかけてもらったこんな言葉を胸に刻んでいたから死ななかった」と、とても、細かい言葉まで覚えていてくれていることに驚いた。
 
人は自分が言った言葉は忘れても、他人が言った言葉はよく覚えている、と聞いてはいたが、
ここまで心に刻んで、死にたい気持ちを抑えて生きていて下さっていたかと思うと感動し、涙が出た。
 
逆もあるだろう。

言葉を発した人が忘れた一言が、言われた人の胸をえぐり、心に回復できない痛みや怒りが無くならない、そんな人の訴えを聞くことも多い。
往々にして、そのような痛みや怒りは、言葉を発した本人に返ることはなく、陰で拡散していく。
 
メールも含め、書き言葉は見直して、修正して伝えることができるが、口から出る言葉は取り戻せない。

言葉がもたらす、感動も喜びも怒りもトラウマも、ほとんど「口から発せられる」もの。

人と人との諍いを両側から聞くと、傷つけた人は「自分は間違ったことは言っていない」と発言の主旨の正当性を主張する。
傷つけられた人は「○○と(いう表現)言われた」と、一言の表現が脳裏に焼き付いていることがほとんどだ。
 
それだけに、いかに聞く相手の立場や心中をおもんばかって、言葉を発することが大切か、それが問われているのだろうと、改めて身に染みて思う。
2019年07月10日 18:42

8年たって思えること

201906212

先週木曜日、6月21日は娘の8回目の昇天祈念日でした。

毎年のように、多くのお花をいただきました。

送ってくださった方々に、いただいたお花と共に、それぞれの方と娘が並んで映っている写真のスライドをカメラで撮ってお礼状として送りました。

その撮影のために、娘が産まれてからの25年間の写真を何度も見返しました。

 

自死遺族の会で時々聞かれること。

「8年間で、どのようにお気持ちが回復してきたのですか?」

 

回復、という言葉では語れない8年間だったのでいつも言葉に詰まっていたけど。

 

ただ、8年目で気づいたこと。

以前は、娘が元気だった頃の写真を見るのがつらかった。「あんなに元気に生きていたのに、かわいそうな最期だった。そんな最期にしたのは私のせいだ」と思ってきた。

でも、今回、写真を見ながら、「最期はつらく悲しい別れだったが、25年間は、その時その時を一生懸命生きた人生だった」と、ふと思える自分がいました。

 

8年間、欠かさずお花を送って下さるような、よき友人にも恵まれていた人生だったと。

2019年06月26日 19:08

安楽死の是非について語る危険を知りながら、、その資格もないが

スイスで自ら安楽死を選んだ女性についてのドキュメンタリーが出版され、また、NHKドキュメンタリーでも番組化されたことで、「安楽死」という死についての賛否が問われています。
不治の病に苦しんでいた女性が、安楽死を決断し、親族に見守られながら自分で「死のスイッチ」(薬)を押して亡くなりました。
【参考までに】
「安楽死」は日本人に希望をもたらしてくれるのか
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56712
「NHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』」
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586161/index.html
「これを知れば日本で「安楽死」を望む人はいなくなる」
https://ironna.jp/article/8622?p=4
 
治療の見込みがない終末期医療にある人が自らの死を決断するのか、緩和ケア医療によって、苦しまない最期を迎えるのか も論議されています。
 
私は自死遺族として、自死遺族の分かち合いを6年間続け、多くの遺族の悲嘆の声を聞いてきた身として、
どんな最期であっても、遺された人々が
「もっとしてあげることができたのに」
「別の方法があったのでは」
「自分の対し方がいけなかったから自死したのでは」
と悔やみ、自分を責め続ける姿を多く見てきました。
 
ですから、仮に安らかな最期であっても、それがいかに本人が納得して選択した結果であっても、遺された人が『これでよかった』と思うことは決してないと思っています。
 
ただ、一番辛く、苦しく、悲しく聞いた話として
余命が短い病の床にあったり、生き続けることが拷問のような痛みや苦しみにありながら
色々な事情によって、終末期医療や緩和ケアにつながることができず、
独りで自ら死を決断した人が、日にちが経った後に傷ましい姿で発見され、
遺族がそのショックと激しい後悔でもがき苦しんでいる様を聞くときです。
 
安楽死についての是非を語る資格はありません。
 
ただ、自死遺族にとって最期の姿は一生脳裏から離れることがないのです。
せめて、おだやかな姿で天国に見送ってあげられていれば、、と、
励ましもなぐさめもできない「その方」について思うだけです。
2019年06月17日 19:48

当事者のホンネだからこそ説得力がある

先日の「こころを休憩する会」では、自助の分かち合いならではの言葉かけが印象に残るものでした。
「街や電車などで、見知らぬ人が憎悪の言葉や攻撃的な悪態を大きな声でつぶやいている姿を見ると、恐怖を感じる。
自分に向けられているのではないか、襲われるのではないかという不安が大きくて、怖くて外出ができない」という方から「そういう不安の克服の仕方を教えてほしい」という問いかけに、
「自分は実は、そのような独り言を言ってしまうくせがあって。。。」と、当事者から勇気のある発言がありました。
その方の、当事者本人ならではの本音とそこからの助言は、相談者も回りの出席者も、「目からうろこが落ちるような驚き」をもって聞きました。
内容はここでは公表できませんが、そのような独り言を言わざるをえないこころの苦しみがとてもよく理解できたこと、そして相談した方がとても安堵して喜んで帰られたことは間違いありません。
また、子どもの時からの母子関係が元で精神障害に苦しむ方と、障害のある子どもへの向き合い方で悩んでいる母親の立場の方が、それぞれの想いを交換しあいました。
「母親自身が自分の人生を満喫すること。その姿を見せることが“一番の子育て”。
という話で、両方の立場の人たちが納得しました。
色々な立場や悩みを抱える人たちが、同じ立場や目線で語り合うことは、一方通行の知識の何倍、何十倍も説得力があることを改めて知った会でした。
2019年06月11日 18:46

生活困窮者支援はお金の問題が解決されればOKですか?

女性専用シェルター事業を始めて2年と少し経ちます。
小さな一歩の女性シェルターでは、単純な生活困窮者だけでなく、精神障害等を一因として家族や社会から孤立し、行き場を失くしている人や、家族による様々な暴力や虐待によって、精神障害の状態にある女性も保護対象としています。
 
2年余りの間、数十人の方がこの場所を通り過ぎていきました。
無事に職と住居を得て、今は安定した生活を送っている人も多い。
職につかないまでも、公的支援を受けながら、自分なりの生き方を見つけた人も多い。
その中には、今も「こころのともしび」のフレンドさんとして顔を出してくれる人も少なくありません。
今の生活もいいことばかりではなく、つまづいたり、心が不安定になってしまうこともあるけれど、そんなときも、ここに来て一緒にご飯を食べたり、笑ったり、時には傾聴で思いを吐露することで、根本の解決にはならなくても、多少は気持ちを楽にすることができる。
 
でも、反対に、何らかの経済的な保証は得たものの、心身の健康の回復がないままシェルターを“卒業”する人を見送る時には胸が痛みます。
特に、恐らく幼少期から何らかの障害があったのに、生育環境が原因か、必要な公的認定や支援が受けられずに中高年の今まで過ごしてきたであろう人。
精神的な特性も一因してか、親族からも孤立し、社会に受け入れられず、挫折を繰り返している人。
その繰り返しで、心がかたくなになり、誰の助言も受け入れず、支援の手を拒否している人。
残念ながら、そのような“卒業者”に対して民間のNPO法人ができることには限界があります。
“伴走者の自主的な好意”以上のことができません。
それを拒否されることも多く、無力感がつのります。
 
その方に必要なのは「生活保護」というお金での最低保証に終わるのではなく、
孤立の悪循環を断ち切るために、時には専門的な権限と実行力をもって病気の回復や障害者支援につなげる「力」が必要だと思うのです。
 
いまの「生活困窮者支援」制度でそれは十分と言えるのでしょうか。
私には、そのようには思えません。
 
 
2019年05月12日 19:16