広島の自助グループ 「NPO法人 小さな一歩・ネットワークひろしま」

自死遺族支援、自死(自殺)防止のための支え合い

ブログバナー

活動の主旨と主な内容 ≫ ブログ ≫

ブログ風 日々のつれづれ

ひろしま市民活動支援総合情報システム「ひろしま情報a-ネット」に登録

第1回「自死遺族希望の会」の開催まで1か月と迫ってきました。
ぼちぼち行こうとは思いつつ、緊張感が高まります。
ひろしま市民活動支援総合情報システム「ひろしま情報a-ネット」の 
まちづくり・ボランティア・NPO > 社会福祉 団体として登録されました。

NPO法人化について

先週、「ひろしまNPOセンター」にお話しに行き、担当の方に活動方針や計画についてお話をしたところ、「その活動内容ならNPO法人にした方が動きやすいし、助成金ももらえますよ」と勧めてもらいました。
以前から同様の助言を複数の方がもらいながら、二の足を踏んでいましたが、前向きに考えていこうと思いました。

全国自死遺族家族会のホームページに「小さな一歩」の分かち合い情報がアップされました。
心を同じくする全国の仲間の方々、ご協力よろしくお願いします。<(_ _)>



 私が通う広島教会で昨晩、祈祷会(聖書を読み、1人の発表者が聖書にかかわる思いなどを話し、交互にお祈りをする集まりです)があり、その場で、私の今日までの心の道のり、「小さな一歩」設立に至るまでの思いを語りました。
 参加者のみなさんが私を励まし、この会が“小さな一歩を刻んでいけるように”私のために祈ってくださいました。
 ありがたいことです。温かさに涙がこぼれました。
ここのところ、ホームページをフェイスブックに連携させる作業に四苦八苦。
基本アナログ人間。目が痛くなりそうです(T_T)
先週から「小さな一歩」の会を行政や関係各団体に周知し、協力してもらうために積極的に歩いています。
協力的な返事がもらえるところと、「とりあえず様子を見て、続きそうなら紹介してあげよう」といった返事のところといろいろ。

先週行った「産業保健推進センター」と、今日行った「広島県立総合精神保健福祉センター(パレアモア広島)」は、担当の方がとても親身な対応をしてくれ、協力のお返事を下さった。

自分の中に不安が大きいいま、暖かい応援の言葉は身に染みる。

先月、会場提供のお願いに、2つ返事でOKを下さった広島教会にも、
先週末に参加した「鳥取自死遺族の会・コスモスの会」の方々、全国自死遺族連絡会の方々にも感謝、感謝(T_T)。

私にいただいた暖かいはげましのエネルギーを分かち合いで出会う人たちと「分かち合いたい」と思う。